ポケモン、Ankerと共同開発の 「モンスターボールモバイルバッテリー」 を自主回収。焼損事案の発生を受けて

7月2日、株式会社ポケモンは 「モンスターボールモバイルバッテリー Anker 10000mAh」 を自主回収することを発表した。

同時に、本製品を使用しているユーザーに対し、使用を中止し、電話またはインターネットの専用フォームから回収を申し込むことを求めている。

焼損事案の発生で 「モンスターボールモバイルバッテリー Anker 10000mAh」 が自主回収

「モンスターボールモバイルバッテリー Anker 10000mAh」 は、モンスターボールのデザインを採用したモバイルバッテリー。モバイルバッテリーで高い評価を得ているAnkerと共同で開発・製造した製品だが、発売以降に焼損する事案が2件発生したとのこと。

専門の第三者機関にて調査を実施し、原因特定には至らなかったため製品設計における瑕疵は認められなかったとのことだが、ポケモンは本事案を真摯に受け止め、再発防止の観点から、当該製品を自主回収し、購入代金を返金することを決定したという。

対象となる製品は、2017年6月10日(土)から10月10日(火)までに、ポケモンセンター、ポケモンストア、ポケモンセンターオンライン、Amazon.co.jpのポケモンストアにて販売された 「モンスターボールモバイルバッテリー Anker 10000mAh」 8,653個。「Pokémon GO Plus デラックスセット」 に含まれる同商品も対象となるとのこと。返金方法は現金書留のみとなり、インターネットまたは電話にて問い合わせてほしいとしている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。