Anker、「Nebula 4K Streaming Dongle」 発売。Nebulaブランドから初のストリーミングドングル

10月6日、アンカー・ジャパンは新製品 「Nebula 4K Streaming Dongle」 を発売した。

販路はAnker Japan公式サイトAmazon.co.jp楽天市場および一部家電量販店など。通常販売価格は8,980円(税込)、Amazonでは発売を記念した初回セールとして、初回300個まで7,980円(税込)で購入できる。

Nebula初のストリーミングドングル 「Anker Nebula 4K Streaming Dongle」 発売

「Nebula 4K Streaming Dongle」 は、Ankerのスマートプロジェクターブランド 「Nebula」 にとって、初めてのメディアストリーミングドングル。Android TV 10.0を搭載しており、YouTubeや Amazon Prime Video、Netflix、Hulu、Disney+、TVer、AbemaTV、DAZNなど対応する7,000以上のアプリを、テレビやディスプレイなど各映像機器に接続するだけで楽しめる。

また、Chromecastを通じてスマートフォンやタブレット端末等から映画や動画、音楽の検索や再生等をコントロールできるほか、Googleアシスタント対応のためリモコンの音声操作も可能。

リモコンにはYouTube、Netflix、Amazon Prime Video、Disney+の4つのショートカットボタンが設けられており、各ボタンを押すことでダイレクトに遷移することが可能。

「Nebula 4K Streaming Dongle」 は4K/75fps、HDR10に対応。RAM容量は2GB、ROM(ストレージ容量)は8GB。音響テクノロジーとしてはDolby Digital Plusに対応する。入力端子はHDMI 2.1、本体への電力供給はMicro USB端子で行う。

「Nebula 4K Streaming Dongle」 は本日10月6日より販売が開始されている。通常販売価格は8,980円(税込)、Amazonでは発売を記念した初回セールとして、初回300個まで7,980円(税込)で購入できる。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。