「Anker Nebula Capsule ll」 が発売 Android TVを搭載した世界初モバイルプロジェクター

6月7日、Ankerは新型モバイルプロジェクター 「Anker Nebula Capsule ll」 を発売した。通常価格は59,800円(税込)、Anker公式オンラインストアを始め、Amazonや各家電量販店で購入可能だ。

Amazonでは発売を記念して、初回60個限定で2,000円引きの57,800円(税込)で販売されている。

Android TV搭載新型モバイルプロジェクター 「Anker Nebula Capsule ll」

Anker Nebula Capsule ll」 は、クラウドファンディングサイト 「Kickstarter」 で目標額の約34倍となる1.8億円以上の支援金を集めた注目のモバイルプロジェクター。

Googleが提供しているスマートテレビのプラットフォーム 「Android TV」 を搭載した世界初のモバイルプロジェクターとなっていて、動画や音楽、ゲームなどの3,600以上のアプリを自由に追加し、大画面に映し出して楽しむことができる。

同製品は最大100インチの大画面を200ANSIルーメンの明るさと720Pの高解像度で映し出すことが可能。前モデルの 「Anker Nebula Capsule」 と比較すると明るさが2倍、解像度が1.5倍になっている。また、スピーカーはScan-Speak社が設計したスピーカーを採用し、臨場感あふれるサウンドを楽しむことができる。

再生可能時間はローカルコンテンツ再生時が約3時間、Wi-Fi利用時が約2.5時間、Bluetoothスピーカーモードでの音楽再生時は約10時間。本体の充電は15V=2A USB Power Deliveryで充電した場合、約2.5時間で完了する。

Anker Nebula Capsule ll」 は本日から販売が開始されており、価格は59,800円(税込)。Amazonでは初回60個限定で2,000円引きの57,800円(税込)で購入可能だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。