Anker、Android搭載モバイルプロジェクタ「Nebula Capsule」国内発売

5月29日、Anker JapanはAndroid搭載モバイルプロジェクタ「Nebula Capsule」の国内販売を開始した。

Nebula Capsule」は米国のクラウドファンディングサイト「Indiegogo」にて、約4,700人のバッカーから1.4億円以上の支援金を集めた、Ankerグループ初のスマートエンターテインメントデバイス。

最大の魅力は、350ml缶サイズのコンパクトボディに凝縮された充実の機能。

米国テキサス・インスツルメンツ社の先進的DLPテクノロジー「IntelliBrightアルゴリズム」を採用し、100 ANSIルーメンの明るさでPCやスマートフォン、タブレット等から最大100インチの映像を投影できるうえ、本体内蔵の360°スピーカーで部屋のどの位置からでも音声を楽しむことができる。

搭載OSは「Andorid7.1」で、YouTubeやAmazonプライム・ビデオ、Netflix等から動画コンテンツを直接映し出すことができる。

連続動作時間は3時間(ローカルコンテンツ再生時は4時間)、音楽再生時(BTスピーカーモード)は約30時間の再生が可能だ。

Nebula Capsule」の価格は39,800円(税込)、Amazonで購入することが可能だ。注文は以下からどうぞ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。