Anker初のレーザープロジェクター 「Nebula Cosmos Laser 4K」 「Nebula Cosmos Laser」 6月8日発売

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

4月13日、アンカー・ジャパンは新製品発表イベント 「Anker Power Conference – ’22 Spring」 をメディア向けに開催。イベント内で、同社スマートプロジェクターブランド 「Nebula」 から新製品 「Nebula Cosmos Laser 4K」 「Nebula Cosmos Laser」 を発売すると発表した。

価格は 「Nebula Cosmos Laser 4K」 が249,900円、「Nebula Cosmos Laser」 が169,900円 (どちらも税込) 。Anker Japan公式サイトや、Amazon.co.jp楽天市場および一部家電量販店で6月8日から販売開始となる。

Anker初のレーザープロジェクター2機種が発売

「Nebula Cosmos Laser 4K」 「Nebula Cosmos Laser」 は、Nebulaブランドの最上位モデルにあたる製品。光源にレーザーを初めて採用したレーザープロジェクターであり、LEDに比べて2400 ISOルーメン (2000 ANSIルーメン) と圧倒的な明るさを実現する。

出力は 「Nebula Cosmos Laser 4K」 が4K (3840×2160 画素) 、「Nebula Cosmos Laser」 がフルハイビジョン (1920×1080 画素) に対応。最大150インチの大画面に、鮮やかで美しい映像を投影する。

(画像:アンカー・ジャパン)

(画像:アンカー・ジャパン)

今回の新製品発表イベントにてデモ機が展示されていたので実際に見てみたところ、もはやプロジェクターの域を超え、テレビに近い画質で映像を視聴できた。入力ソースはどちらもフルHDだったため大きな違いは感じられなかったが、それでも 「Nebula Cosmos Laser 4K」 の方がより緻密な描写ができていたように感じる。

なお、両製品とも画面の調整が可能なグリッドレス台形補正機能や高速オートフォーカス機能が搭載されていて、快適に映像を見ることが可能だ。

本体には10Wのスピーカーが2基搭載されていて、さらに 「Nebula Cosmos Laser 4K」 には5Wのツイーター2基も搭載される。両製品ともDolby オーディオと Sound Dimensionに対応するため、自宅にいながらも映画館のようなサウンドを楽しめる。

付属するAndroid TV 10.0搭載 「Nebula 4K Streaming Dongle」 を接続することで、YouTubeやPrime Video、Netflix、Hulu、Disney+、TVerなど7,000以上のアプリが利用可能。また、Chromecastを通じてスマートフォンやタブレット端末等の画面をミラーリングして大画面で投影することもできる。

「Nebula Cosmos Laser 4K」 「Nebula Cosmos Laser」 は本日から販売が開始されていて、価格は 「Nebula Cosmos Laser 4K」 が249,900円、「Nebula Cosmos Laser」 が169,900円 (どちらも税込) 。発売は6月8日を予定している。

▼ Ankerの新製品を各ストアでチェック
Anker Japan公式サイト
Amazon.co.jp
楽天市場

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Anker、Soundcore、Eufy、Nebulaは、アンカー・ジャパン株式会社またはその関連会社の商標または登録商標です。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。