Anker、任天堂公式ライセンスモバイルバッテリーを発売 ニンテンドースイッチに最適化

6月7日、Anker Japanは新製品「Anker PowerCore 13400 Nintendo Switch Edition」「Anker PowerCore 20100 Nintendo Switch Edition」を発売した。

どちらも任天堂公式ライセンスを取得し、ニンテンドースイッチに最適化されたモバイルバッテリー。本日から販売が開始されており、Amazonから注文することが可能だ。

「Anker PowerCore 13400 Nintendo Switch Edition」は13,400mAh、ニンテンドースイッチを約1.7回充電することが可能。また、「Anker PowerCore 20100 Nintendo Switch Edition」は20,100mAhの大容量バッテリーを搭載し、2.5回充電することが可能だ。どちらの製品もニンテンドースイッチの急速充電(USB-PD)に対応しており、ニンテンドースイッチを素早く充電する。

搭載されれているポート数は全2つ。入出力に対応するUSB-Cポート、そして出力のみに対応するUSB-Aポート。モバイルバッテリー本体はUSB-CポートとUSB-PD対応充電器を接続することで充電することができる。

また、ニンテンドースイッチ以外のUSB-PD対応製品の充電にも対応する。例えばAppleの「MacBook」であれば約0.8回/1.2回充電することができる。

「Anker PowerCore 13400 Nintendo Switch Edition」と「Anker PowerCore 20100 Nintendo Switch Edition」はそれぞれ6,980円と9,980円(税込)で購入可能だ。ちなみに、モバイルバッテリー本体の他に、「トラベルポーチ」と「USB-C to Cケーブル(90cm)」が付属する。

購入は以下から。

▷公式オンラインストア
Anker PowerCore 13400 Nintendo Switch Edition
Anker PowerCore 20100 Nintendo Switch Edition

▷Amazon
Anker PowerCore 13400 Nintendo Switch Edition
Anker PowerCore 20100 Nintendo Switch Edition

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。