Anker、新型モバイルバッテリー 「PowerCore 20000 Redux」 発売 初回500個は20%オフで購入可能

3月29日、Anker Japanは新製品 「PowerCore 20000 Redux」 を発売した。価格は5,299円(税込)、Amazonで購入可能だ。

PowerCore 20000 Redux」 は、ユーザーの使いやすさを重視して開発したPowerCore Reduxシリーズ第2弾となる製品。缶ジュース1本分ほどの軽量設計(約 362g)ながら、20,000mAhのバッテリーを搭載した超大容量モバイルバッテリーになっている。iPhone XSなら5回以上、Galaxy S9なら約5回。iPad Pro(11インチ/2018)であれば約2回充電ができる。

同モバイルバッテリーにはAnker独自技術のPowerIQとVoltageBoostを採用したふたつのUSB-Aポート(各ポート2.3Aで合計4.8A/QuickChargeには非対応)が搭載されており、2台のデバイスを同時に充電することが可能だ。

また、最近のAnker製品にはお馴染みとなっている低電流モードも搭載されている。これはイヤホンなどの小型デバイスを安全に充電するための機能で、電源ボタンを2回押す、または2秒間長押しすると低電流モードに切り替えが可能だ。

PowerCore 20000 Redux」 は本日から販売が開始されており、通常価格は価格は5,299円(税込)。ただし、初回限定500個まで20%オフの4,239円(税込)で購入できるため、購入するならぜひ安いうちに。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。