「Anker PowerCore Fusion 10000」 ホワイトモデルが登場!USB充電器 兼 モバイルバッテリーのハイブリッド製品、発売から1週間20%オフ

4月20日、アンカー・ジャパンは Anker PowerCore Fusion 10000」 にホワイトモデルを追加、販売を開始した。

価格は4,790円(税込)、Anker公式サイトをはじめ、Amazon.co.jpなどECサイトで購入することが可能。ちなみに、Amazon.co.jpにおいては、発売から1週間は限定価格として20%オフの3,992円(税込)で購入可能だ。

「Anker PowerCore Fusion 10000」 にホワイトモデルが追加

「Anker PowerCore Fusion 10000」 は、Anker PowerCore Fusionシリーズの最上位モデル。先代モデルから約2倍の大容量化が特徴となっており、屋内屋外問わず、どこでも各デバイスを急速充電することが可能だ。

本製品はUSB充電器とモバイルバッテリーを兼ね備えた2in1製品となっていて、内蔵するプラグをコンセントに挿入し、スマートフォンなどのデバイスをケーブルで繋げばUSB充電器として利用できる。外出する際は、本製品の内蔵バッテリーで各種デバイスを充電できる。

搭載されているポートは、USB-CとUSB-Aポートがそれぞれひとつずつ。USB-Cは最大20Wの出力に対応しており、iPhone 12シリーズを振るスピード充電することが可能。一般的な5Wの充電器に比べると最大3倍高速だ。

さらにAnkerの独自技術PowerIQに対応したUSB-Aポートも利用することで、最大2台のデバイスを同時に充電できる。この時の合計出力は15Wになる仕様だ。

ちなみにUSB-Cポートは、USB PDとの互換性をさらに高めながら、QualcommのQuick Charge等の充電規格に対応したAnker独自技術PowerIQ 3.0(Gen2) に対応している。

バッテリー容量は9,700mAh。iPhone 12を2回以上、Galaxy S20を約2回、Pixel 5を1回以上フル充電することができる。本体サイズは約82×82×35mm 、本体重量は約278グラム。

「Anker PowerCore Fusion 10000」 のホワイトモデルは、本日からAnker公式サイトをはじめ、Amazon.co.jpなどECサイトで購入することが可能。Amazonでは、発売から1週間は限定価格として20%オフの3,992円(税込)で購入できるため、ぜひこの機会に購入してみてはどうだろうか。

ちなみに従来のブラックモデルも販売されているので、そちらもぜひチェックを。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。