Anker、人気のPowerCore Liteシリーズの最新モデル 「PowerCore Lite 20000」 を発売

12月14日、Anker Japanは新製品「Anker PowerCore Lite 20000」 を発売したことを発表した。Anker公式オンラインストアをはじめ、Amazonなど一部の販売店舗から購入できる。価格は4,999円(税込)、Amazonでは初日500個限定500円オフの4,499円で購入可能だ。

Anker PowerCore Lite 20000」 は、人気のPowerCore Liteシリーズの最新モデル。薄さと使いやすさを追求したモバイルバッテリーで、10,00mAhから20,000mAhに容量が増えた内蔵バッテリーを使って、iPhone XSを5回以上、Galaxy S9であれば約5回、iPad Pro(9.7インチ)は約2回充電することができる。

また、同製品には 「低電流モード」 が備わっており、ワイヤレスイヤホンなどのBluetooth機器を充電する際、過充電を防ぎ、安全に充電することが可能だ。

搭載されているポートはUSB-Aポートが2つで、それぞれに独自に急速充電技術 「PowerIQ」 と「VoltageBoost」 が搭載されているため、2台のデバイスを同時にフルスピード充電できる(各ポートの最大出力は3A、 2ポート合計で5V=4.8A)。

モバイルバッテリー本体の充電は、USB-CポートあるいはmicroUSBポートを使う。電源アダプタやPCのUSBポートから電源を取り、バッテリーを充電することができる。

同製品は、本日から販売が開始されている。価格は4,999円だが、発売日である本日限定で500個に限り、500円オフの4,499円で購入できる。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。