大容量PD対応モバイルバッテリー 「Anker PowerCore+ 19000 PD」 発売 USB-Cによる急速充電に対応、USBハブモードも搭載

2月27日、AnkerはUSB PDに対応した大容量モバイルバッテリー 「Anker PowerCore+ 19000 PD」 を発売した。価格は10,999円(税込、数量限定割引あり)で、すでにAmazonで購入が可能だ。

同製品はモバイルバッテリーとして利用できるだけでなく、Anker初のUSBハブモードが搭載されており、データの同期や周辺機器との接続にも使用できるのが大きな特徴。以下、詳細について紹介していこう。

USBハブとしても使える高機能モバイルバッテリー

まずは 「Anker PowerCore+ 19000 PD」 の基本スペックについて。同モバイルバッテリーには19200mAhの超大容量バッテリーが搭載されており、iPhone XS / Xを約5回、MacBookを1回以上充電できる。

本体にはUSB PDに対応したUSB-Cポート(最大27W)に加えて、PowerIQ2.0(最大15W)とPowerIQ(最大10W)に対応したUSB-Aポートが2つの合計3つのUSBポートが搭載。

モバイルバッテリー本体の急速充電にも対応しており、付属のPD対応USB-C急速充電器を利用することで約3.5時間でフル充電できるようになっている。

そして、冒頭でも説明したが、同製品はモバイルバッテリーでありながら 「USBハブモード」 が搭載されているのが最大の特徴。電源ボタンを長押しすることでモードを切り替えることで、2つのUSB-AポートをUSBハブとして使用できる。このUSB-Aポートに周辺機器やUSBストレージ機器を接続すれば、USB-Cケーブルを使ってMacBookなどと接続することも可能だ。

大容量のモバイルバッテリーでありながら、USBハブとしても使える高機能なモバイルバッテリー 「Anker PowerCore+ 19000 PD」 。すでにAmazonで販売が開始されており、価格は10,999円(税込)。

発売を記念して、初日500個限定で20%オフの8,799円となっているため、購入するなら今がお得。欲しい方は以下から購入を。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。