Anker、9in1ドッキングステーション 「PowerExpand 9-in-1 USB-C PD Dock」 発売。初回300個まで20%還元

9月9日、Ankerは新製品 「PowerExpand 9-in-1 USB-C PD Dock」 を発売した。価格は14,980円(税込)、Anker公式ストアおよびAmazon.co.jpにて購入が可能だ。

PD対応USB-Cポートや4K対応HDMIポートなど9つのポートを拡張できるドッキングステーション

「PowerExpand 9-in-1 USB-C PD Dock」 は、ひとつのポートを9つのポートに拡張できるドッキングステーション。MacBookなど搭載ポート数が少ないデバイスと接続することで、ポートの消費を抑えながらさまざまなデバイスを接続できる商品だ。

搭載ポートは、USB PD対応USB-Cポートx2、HDMIポート、ディスプレイポート、USB-Aポートx3、1Gbps対応イーサネットポート、3.5mmオーディオジャック。これらのポートはドッキングステーションの前面と背面に搭載されている。

前面

  • Kensingtonセキュリティスロット
  • 3.5mm オーディオジャック
  • USB-A 3.0 ポート (5Gbps, 5V=1.5A)
  • 充電用USB PD対応USB-Cポート (5Gbps, USB PD 20W) ※映像出力非対応
  • USB PD対応USB-Cポート(5Gbps, 60W) ※本製品とノートPCの接続用ポート
背面

  • DC入力ポート (100W / 20.0V = 5.0A)
  • HDMIポート (最大4K@60Hz)※DP1.4対応のノートPCで1つのディスプレイに接続した場合
  • ディスプレイポート (最大4K@60Hz)※DP1.4対応のノートPCで1つのディスプレイに接続した場合
  • USB-A 2.0 ポート (480Mbps, 5V=0.5A)
  • イーサネットポート (10/100/1000Mbps)

本製品は最大60W出力に対応しているため、MacBook Pro(13インチ)をフルスピード充電可能。さらに、もうひとつのUSB-PD対応USB-Cポートは最大20W出力まで対応しているため、iPhoneなどスマートフォンの充電に適する。Ankerによると、iPhone 12であれば約1時間51分でフル充電できるとのこと。

さらにディスプレイポートとHDMIポートをふたつ利用することで、外部ディスプレイ2台に映像出力が可能。シングルモニター時は4K@60Hz、デュアルモニター時は4K@30Hzで出力できる。ただし、macOSはMST(Multi-Stream Transport :1つのDisplayPortで複数のディスプレイを描画する機能) に対応していないため注意が必要となる。

データ転送速度は最大5Gbps。Thunderboltの最大40Gbpsには及ばないが、それでも高速なデータ通信が可能だ。

「PowerExpand 9-in-1 USB-C PD Dock」 の通常販売価格は14,980円(税込)、Anker公式ストアおよびAmazon.co.jpにて購入が可能だ。また、Amazon.co.jpでは初回300台限定で、Amazonポイント20%還元中となっている。もし発売時に購入する予定なら、同キャンペーンをうまく活用いただきたい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。