Ankerが新型ポータブル電源 「Anker PowerHouse II 400」 発売。108,000mAh超大容量バッテリーでデバイス8台を同時充電

10月29日、アンカー・ジャパンは新製品 「Anker PowerHouse II 400」 を発表。販売を開始した。

108,000mAh超大容量バッテリーを搭載したポータブル電源

Anker PowerHouse II 400」 は、108,000mAh超大容量バッテリーを搭載した新型ポータブル電源。Anker PowerHouseシリーズ第3弾となる本製品は、「Anker PowerHouse」 の大容量による安心感はそのままに、「入出力の利便性」 「同時接続時の最大出力」 をアップグレードした好バランスモデルとなっている。

5種類、計8つの充電ポートが搭載されていて、同時に8台のデバイスを同時に充電できるパワフル設計が魅力。

搭載されているポートは、最大300Wの純正弦波ACポート、USB Type-C ポート、USB Type-A ポート、DCポート、シガーソケットの5種類の充電ポートを搭載。「Anker PowerHouse」 の4倍以上となる合計最大出力516Wで、最大8台のデバイスを同時に充電・給電することが可能だ。

USB Type-Cポートは最大60Wの入出力を実現している。MacBook Pro (13インチ) であればフルスピード充電することが可能だ。

「Anker PowerHouse II 400」 の充電は、DCポート(瞬間最大60W)と前述のUSB Type-Cポート(最大60W)から同時に行うことができる(最大125W入力)。これらを活用することで最短4時間でフル充電することが可能だという。

本体サイズは約255×148×139mm、重量は4.6kgと普段から持ち歩けるものではないが、その大容量からアウトドアなどで活躍することは間違いないだろう。

「Anker PowerHouse II 400」 の価格は39,800円(税込)。以下のリンクから購入が可能だ。

ちなみに本製品の発売記念として、初回100個限定で15%ポイント還元が行われる。もし購入したい場合は同キャンペーンを活用してみてはどうだろうか。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。