Anker、iPhone 12の充電に適した超小型充電器 「Anker PowerPort III Nano 20W」 を10月20日から発売

アンカー・ジャパンは、iPhone 12シリーズの充電に適した急速充電器 「Anker PowerPort III Nano 20W」 をAnker公式オンラインストアAmazon楽天市場、一部家電量販店などで10月20日(火)から発売することを発表した。

「Anker PowerPort III Nano 20W」 が10月20日に発売

Anker PowerPort III Nano 20W」 は、世界最小・最軽量 (2020年9月時点 Anker調べ) ながら、最大20Wの高出力を実現した超小型USB-C充電器だ。

本体は500円玉とほぼ変わらない超コンパクトサイズ、重量も単3電池1本分ほどのわずか30gとなっていて、持ち運びに優れている。また、20W出力に対応しているため、Appleの新型iPhone 「iPhone 12」 シリーズを効率よく充電できるほか、Anker独自の最新充電技術 「PowerIQ 3.0(Gen2)」 により、iPad Air(第4世代)を含む様々な機器へのフルスピード充電が可能となっている。

「iPhone 12」 シリーズは環境負荷を減らすために充電アダプタを同梱しなくなったため、もし 「iPhone 12」 シリーズを購入予定で、USB-C充電器を持っていないという方はぜひ本製品を購入してみてはどうだろうか。

「Anker PowerPort III Nano 20W」 の価格は1,780円(税込)。10月20日(火)から販売開始を予定している。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。