Anker、新型完全ワイヤレスイヤホン 「Liberty 2 / Liberty Air 2」 11月27日発売 最先端ダイヤモンドコーティングドライバーを採用

11月20日、Anker Japanはメディア向け新製品発表イベント 「Anker Power Conference –‘19 Winter」 を開催。

同イベントの中で新製品 「Liberty 2」 そして 「Liberty Air 2」 を発表した。価格はそれぞれ9,999円(税込)、7,999円(税込)を予定。発売は2019年11月27日(水)を予定している。

Libertyシリーズにミドルクラスモデル2種が新登場

「Liberty 2」 「Liberty Air 2」 は、Ankerのオーディオブランド “SoundCoreシリーズ” から販売される最新の完全ワイヤレスイヤホンの第2世代モデル。

「Liberty 2」 「Liberty Air 2」 はそれぞれ上位モデル、下位モデルという立ち位置。上位モデルの 「Liberty 2」 は従来のグラフェンドライバーよりさらに軽量なダイヤモンドコーティングを施した10mmのドライバーを搭載。Qualcomm apt-Xに対応しており、よりCD音源に近い高品質なサウンドを提供する。さらにcVc 8.0ノイズキャンセリング機能を搭載しており、クリアな音声通話を実現している。

「Liberty Air 2」 は、「Liberty 2」 と同じくcVc8.0ノイズキャンセリング機能を内蔵したことでクリアな音声通話を実現。IPX5程度の防水性能も備えている点も 「Liberty 2」 と同じだ。

「Liberty 2」 と異なる点は、まずは 「AirPods」 のような耳から垂れるデザインであること。そして搭載されているドライバーが6mmダイヤモンドコーティングドライバーであること。「Liberty 2」 は10mmのドライバーを搭載している。そして充電ケースがワイヤレス充電に対応しているなどが挙げられる。

バッテリー持ちは 「Liberty 2」 が最大8時間で、バッテリー併用で最大32時間。「Liberty Air 2」 はイヤホン単体で最大7時間、バッテリー併用で最大28時間もつ設計だ。

価格は 「Liberty 2」 が9,999円(税込)、「Liberty Air 2」 が7,999円(税込)。どちらも11月27日に発売予定だ。

関連記事
Anker、完全ワイヤレスイヤホン 「Soundcore Liberty 2 Pro」 発売 シリーズ最上位モデルとして登場
Anker、新型完全ワイヤレスイヤホン 「【第2世代】Soundcore Liberty Neo」 発売 最大20時間の音楽再生とIPX7の高い防水性能が特徴

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。