Anker、「Soundcore Liberty Air 2 Pro」 発売。独自ノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン

1月20日、アンカー・ジャパンは新製品 「Soundcore Liberty Air 2 Pro」 をAnker Japan公式サイトおよびAmazon楽天市場などで販売開始した。

価格は12,980円(税込)。以下から購入することが可能だ。

アクティブノイキャン搭載の完全ワイヤレスイヤホン 「Soundcore Liberty Air 2 Pro」

Soundcore Liberty Air 2 Pro」 は、Anker独自技術のウルトラノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン。Amazon売れ筋ランキングの 「イヤホン・ヘッドホンカテゴリ」 で1位を獲得し、累計20万台超の販売実績を誇る人気モデル 「Soundcore Liberty Air 2」 の進化版、かつLibery Airシリーズの最上位モデルにあたる製品だ。

特徴は、イヤホンの外側と内側に1つずつのマイクを配置したハイブリッド式アクティブノイズキャンセリングを搭載していること。同ノイズキャンセリング機能は、内蔵されたマイクで周囲の音を検知し、雑音を除去する仕組み。同機能が搭載された製品は、AnkerのSoundcoreシリーズではじめて。

また、Soundcoreアプリで屋外、交通機関、屋内の3つのモードからシーンを選択し、最適なノイズキャンセリングを設定できる。アプリは音の聴き取りやすさの測定も可能。自分だけの Hearing Profileを自動で作成できるほか、イコライザーのカスタマイズができるHearID 2.0を搭載。高音から低音まで、サウンドを自分好みに調整可能だ。

本機には、外音取り込み機能が搭載されていて、イヤホンを付けたまま会話や公共施設のアナウンス等の “外” の音を意図的に聴くことができる。

通話時においては、ノイズリダクションに対応した6つのマイク(左右それぞれ3つずつ)によって周囲の音を除去。WEB会議や通話の相手に音声を大きく鮮明に伝えられるという。

内蔵されているのは、圧倒的な硬度を誇る10層のナノレイヤーで構築されたPureNoteドライバー。ひずみを極限まで抑制した透明感のあるクリアな音を 「Soundcore Liberty Air 2 Pro」 は出すことができる。

バッテリー持ちはイヤホン単体で最大7時間。充電ケースを併用することで最大26時間の駆動が可能だ。

ノイズキャンセリング機能をオンにするとイヤホン単体で6時間、バッテリーケース併用で最大21時間。外音取り込みモードをオンにした場合はイヤホン単体で最大6.5時間、バッテリーケース併用で最大23時間となっている。

急速充電に対応しており、10分間の充電で約1.5時間の再生が可能だが、バッテリーケースはワイヤレス充電にも対応しており、ワイヤレス充電器 (別売り) の上に置くことで無線で充電することが可能だ。

イヤホン重量はバッテリーケース込みで約62グラム。防水規格はIPX4 (イヤホンのみ) で、完全防水とまではいかないものの (水の) 飛沫程度なら防ぐことができるだろう。

ちなみにイヤホンにはタッチパッドが搭載されていて、指で触ることで音楽の再生や停止 / 曲送りが可能。そのほかにもノイズキャンセリングや外音取り込み機能の切り替え、着信への応答などができる。

カラーラインナップはシックなブラックとスマートなホワイトの2色で、価格は12,980円(税込)。

Amazonでは初回ポイント還元セールが開催されていて、2,000個限定で20%分のAmazonポイントが還元される。Amazonでの購入は以下から可能だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。