Anker、「Soundcore Motion Boom」 発売。持ち運び便利なハンドル搭載の新型Bluetoothスピーカー、初回100個限定で1,000ポイント還元

1月21日、Anker Japanは新製品 「Soundcore Motion Boom」 を発売した。価格は10,990円(税込)。Amazonにて購入することが可能だ。

IPX7防水規格対応でアウトドアでの利用にオススメ

「Soundcore Motion Boom」 は、AnkerのオーディオブランドSoundcoreから発売した新型Bluetoothスピーカー。

アウトドアで利用することを想定した製品で、一度の充電で最大24時間の駆動ができるほか、IPX7の高い防水性能が魅力だ。雨の中やお風呂など、水で濡れる環境でも安心して使うことができる。筐体上にはハンドルが搭載されていて、持ち運びしやすくする工夫も。

オーディオ出力は30W、軽さと強度を兼ね備えたチタニウムドライバーを採用。音の歪みを最小限に抑え、曲の細部まで忠実に再現。リアルタイムで低⾳を強化するSoundcoreの独⾃技術BassUpテクノロジーによって、力強い低音を提供する。

さらにSoundcoreアプリを利用するkとおでイコライザのカスタマイズも可能。4種類のプリセットからカスタムイコライザーを簡単に切り変えることが可能だ。

本製品はワイヤレスステレオペアリング機能が搭載されており、2台のMotion Boomをペアリングすればどこでも大音量でステレオサウンドを楽しむことができる。

本体サイズは約346 × 148 × 200 mmで、重量は約2,000gと大きく重めだが、アウトドアで使用することを想定した製品ということもあり、そのダイナミックな音が魅力となる。

本製品は本日1月21日(木)から販売開始。価格は10,990円(税込)。Amazonにて購入することが可能だ。

ちなみに発売を記念して初回100個まで1,000円分のAmazonポイントを受け取ることができる。同キャンペーンを使ってお得に購入したい方は、ぜひお早めに。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。