Anker、「Soundcore Rave Mini」 発売 ホームパーティーにも使える大型Bluetoothスピーカー

 11月20日、Ankerは同社のSoundcoreブランドから新型Bluetoothスピーカー 「Anker Soundcore Rave Mini」 を発売した。

通常価格は18,000円(税込)だが、現在は発売を記念して初回100個限定で4,000円オフの14,999円で購入可能だ。

大迫力のサウンドが特徴の大型Bluetoothスピーカー

Anker Soundcore Rave Mini」 は、Flareシリーズに続くAnkerの大型Bluetoothスピーカー。80Wもの出力により大迫力のサウンドを実現しているほか、Soundcore独自のBassUpテクノロジーで迫力のある低音を楽しむことができる。

また、2台の 「Anker Soundcore Rave Mini」 をスマートフォンに接続することで、ステレオサウンドを楽しむこともできるようになっている。ホームパーティーなど大音量で音楽を流したいときに最適だ。

本体にはLEDライトが搭載されており、このライトが音楽のビートに合わせてカラフルに変化する。アプリを使用すればライトのテーマやパターンも自由に変更することができ、パーティーをさらに盛り上げてくれる。

本体はIPX7の防水規格に対応しているため、突然の雨やプール・お風呂での使用、さらには飲み物をこぼしてしまっても問題なし。どんな場所でも安心して使用可能だ。

連続再生時間は最大18時間と長く、時間を気にせずに音楽を楽しむことができる。さらに本体にはUSBポートが内蔵されているため、スマートフォンの充電が足りなくなってしまっても 「Anker Soundcore Rave Mini」 から給電しながら音楽を流し続けることができるなど、便利に使えるような工夫がなされているのもグッドだ。

Anker Soundcore Rave Mini」 はAmazonで18,999円(税込)で販売される予定だが、現在は発売を記念して初回100個まで4,000円オフの14,999円(税込)で購入できるため、欲しい方はぜひ早めに購入を。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。