Ankerから初のゲーミングヘッドセット 「Strike」 2モデルが発売。上位モデルは7.1chサラウンドサウンドに対応

3月25日、Anker Japanは新製品 「Strike 1」 「Strike 3」 を発売した。価格は 「Strike 1」 が3,990円、「Strike 3」 は4,490円 (いずれも税込) だが、発売記念セールで先着100個まで20%オフで購入可能だ。

Anker初のゲーミングヘッドセット 「Strike 1」 「Strike 3」

今回販売が開始された 「Strike」 シリーズは、Anker初のゲーミングヘッドセット。Strike 1」 が下位モデル、「Strike 3」 が上位モデルとして販売される。

どちらも有線接続で利用できるが、「Strike 1」 が3.5mm AUX端子、「Strike 3」 がUSB-Aでの接続となり、両モデルともPS4やXbox、PCの各種デバイスで利用できる。

ヘッドセットには52mm大口径ネオジウムドライバーが搭載されており、迫力あるサウンドでゲームを楽しむことが可能だ。また、取り外し可能なノイズリダクション対応ブームマイクが搭載されており、ユーザーの声をグループ内に明瞭に伝えることができるとしている。

防水性能はIPX5程度ととても高く、白熱したゲームプレイ中に誤って飲み物をこぼしてしまっても、故障することなく使用することが可能だ。

専用ソフト 「Soundcoreゲーミングアプリ」

上位モデルの 「Strike 3」 については、専用ソフト 「Soundcoreゲーミングアプリ」 を利用することで7.1ch バーチャルサラウンドサウンドでゲームをプレイすることが可能だ。

「Strike 1」 「Strike 3」 は本日から販売が開始される。価格は 「Strike 1」 が3,990円、「Strike 3」 が4,490円 (いずれも税込) 、以下から購入することが可能だ。

ちなみに発売を記念して初回100個まで20%オフとなる3,190円、3,590円で購入することが可能なため、購入するならぜひ発売記念セールのうちに。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。