Anker、「Soundcore Liberty 3 Pro」 発売。Soundcore 史上最高音質を実現した完全ワイヤレスイヤホン、初回20%還元

11月4日、アンカー・ジャパンは新製品 「Soundcore Liberty 3 Pro」 を発売した。販売はAnker Japan公式サイトおよびAmazon.co.jp、楽天市場、一部家電量販店等にて行われる。通常販売価格は19,800円(税込)、Amazon.co.jpでは初回3,000個まで購入金額の20%がAmazonポイントで還元される。

ハイレゾ対応の完全ワイヤレスイヤホン 「Soundcore Liberty 3 Pro」 発売

「Soundcore Liberty 3 Pro」 は、Ankerのオーディオブランド 「Soundcore」 から販売されている 「Soundcore Liberty」 シリーズ最新モデル。Anker独自技術である 「ウルトラノイズキャンセリング 2.0」 と、ハイレゾ音源を楽しめる 「LDAC」 への対応を特徴とした完全ワイヤレスイヤホンだ。Ankerは、これらの機能によってSoundcoreブランド史上最高クオリティの音質を実現したとしている。

「ウルトラノイズキャンセリング 2.0」 は、環境に合わせてアクティブノイズキャンセリングの強度を調整できる機能。2.0にバージョンアップし、外部環境を認識してアクティブノイズキャンセリングの強度が自動で切り替わる仕様に変化。Soundcoreアプリ上でわざわざ手動で切り替える必要がなくなった。

また、Bluetoothコーデック 「LDAC」 に対応したことで、ハイレゾ音源の再生に対応。従来よりも高音質で音楽を楽しめるようになったほか、Soundcoreアプリ上で音のバランス調整や、耳の形を検知してノイズキャンセリング効果を高めるパーソナライズ機能も新たに搭載されている。

「Soundcore Liberty 3 Pro」 には、低音を表現するダイナミックドライバーと、高音域の滑らかな音を表現するバランスドアーマチュアドライバーをひとつのモジュールに統合した、Anker独自の音響構造 「A.C.A.A 2.0(同軸音響構造)」 が搭載。高音から低音までのあらゆる音域で、高度に調和した丁寧かつクリアな音色を実現している。

バッテリー駆動時間はイヤホン単体で最大8時間、バッテリーケースを使用することで最大32時間の利用が可能。ノイズキャンセリングモード使用時は最大6時間、ケース込みで24時間の再生が可能だ。防水等級はIPX4となっているため、雨の中あるいはスポーツでの利用も可能だ。

「Soundcore Liberty 3 Pro」 は、ミッドナイトブラックとクラウドホワイトの2色が本日から発売となり、アイスブルー・ライトパープルの2色は11月下旬に発売予定だ。

通常販売価格は19,800円(税込)。販売はAnker Japan公式サイトおよびAmazon.co.jp、楽天市場、一部家電量販店等にて行われる。通常販売価格は19,800円(税込)、Amazon.co.jpでは初回3,000個まで購入金額の20%がAmazonポイントで還元される。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。