Star Warsデザインのモバイルプロジェクター&モバイルバッテリーがAnkerから発売 Nebula Capsule ll R2-D2 Editionは数量限定

「Star Wars」 に登場するキャラクターをイメージしたモバイルプロジェクタ、モバイルバッテリーがAnkerから発売決定。

11月20日、Anker Japanは新製品発表イベント 「Anker Power Conference」 を開催し、「Anker Nebula Capsule ll R2-D2 Edition」 と 「Anker PowerCore 6700 デス・スター エディション / ミレニアム・ファルコン エディション」 を発表した。

Anker Nebula Capsule ll R2-D2 Edition

「Anker Nebula Capsule ll R2-D2 Edition」 は、Ankerのプロジェクターブランド 「NEBULA」 から販売されている 「Anker Nebula Capsule ll」 をStar Wars仕様にしたもの。同作に登場するR2-D2のデザインを採用しており、1,138個限定で2020年1月に発売予定。価格は79,800円を予定している。

外観だけでなく細部にもこだわって作られており、起動音にR2-D2のボイスが発せられるだけでなく、シリアルナンバー付きのオリジナルトラベルケースを付属。ディズニーデラックスのサービス、Disney THEATER (ディズニーシアター) アプリもプリインストールされており、Star Warsの映画やテレビシリーズ等も楽しむことができる。

製品詳細はこちらのリンクから確認可能だ。

Anker PowerCore 6700 デス・スター エディション / ミレニアム・ファルコン エディション

「Anker PowerCore 6700 デス・スター エディション / ミレニアム・ファルコン エディション」 は、Star Warsの帝国軍と反乱軍のデザインを採用したモバイルバッテリー。LEDや付属ケーブルも帝国軍と反乱軍のイメージに合わせたカラーを採用している。

価格はどちらも3,980円(税込)を予定している。製品詳細はこちらのリンクから確認可能だ。


今回発表された3製品はいずれもAnker Store、Anker公式オンラインストアで販売予定 (モバイルバッテリーはAmazon.co.jp、一部家電量販店でも) 。発売日はまだ未定となっている。

ちなみにモバイルバッテリーに関しては、2019年11月22日(金)に渋谷にグランドオープンする旗艦店Anker Store渋谷パルコ」にて、翌23日(土)より先行発売を予定しているとのこと。早くゲットしたい方はぜひ当日は渋谷パルコへ。

関連記事
Anker、4K/HDRと3Dオーディオに対応したプロジェクター 「Cosmos Max」 2020年春に国内投入
Anker、「PowerWave+ 3-in-1 Charging Station」 発表 iPhone+AirPods+Apple Watchを同時充電

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。