「Anker 621 Magnetic Battery (MagGo)」 発売。iPhoneの背面にピタッとくっつけて充電できるモバイルバッテリー

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

アンカー・ジャパンは11月16日、新製品 「Anker 621 Magnetic Battery (MagGo)」 を発売した。

「Anker 621 Magnetic Battery (MagGo)」 は、iPhone 12/13/14シリーズのMagSafeを利用して、磁石の力で吸着しワイヤレス充電できるモバイルバッテリーになっている。従来モデルよりも30%薄型化を図り、財布やバッグなどにスマートに収納できる。

モバイルバッテリー本体にはUSB Type-Cポートが搭載されており、最大12W出力まで可能。ワイヤレス充電は最大7.5W出力まで対応している。

(画像:アンカー・ジャパン)

バッテリー容量は5,000mAhで、iPhone 12/13シリーズであれば約1回充電することが可能だ。

本体サイズは約105 × 67 × 12mm、重量は約125g。カラーラインナップはブラック/ホワイト/ブルーの3色。価格は5,990円(税込)。

(画像:アンカー・ジャパン)

また、「Anker 621 Magnetic Battery (MagGo)」 のバリエーション違いとして、スタンドがついた 「Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)」が11月4日より販売を開始している。価格は6,490円(税込)。

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Anker、Soundcore、Eufy、Nebulaは、アンカー・ジャパン株式会社またはその関連会社の商標または登録商標です。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。