Anker史上最大容量&出力のポータブル電源 「Anker 757 Portable Power Station (PowerHouse 1229Wh)」 5月下旬発売。本日から予約開始

4月13日、アンカー・ジャパンは新製品発表イベント 「Anker Power Conference – ’22 Spring」 をメディア向けに開催。イベント内で、新製品 「Anker 757 Portable Power Station (PowerHouse 1229Wh)」 を発表した。

価格は169,900円 (税込) 、本日4月13日からAnker Japan公式サイトや、Amazon.co.jp楽天市場および一部家電量販店で予約販売を開始している。

Anker史上最もパワフルな長寿命ポータブル電源が発売

(画像提供:アンカー・ジャパン)

「Anker 757 Portable Power Station (PowerHouse 1229Wh)」 は、スマートフォンの充電や家電の使用などが可能な長寿命ポータブル電源の第3弾。Anker史上、最大のバッテリー容量を搭載し、かつ史上最高の出力レベルを可能にした製品となる。

車などに使われる6000系アルミニウム合金をメインフレームに採用したことで、災害や落下といった予期せぬ衝撃から本体を守り、長期間使用できるような高い耐久性を実現している。

また、バッテリーセルにも電池寿命の長さと安全性の高さが特徴の 「リン酸鉄リチウムイオン電池」 を採用。一般的なポータブル電源の約6倍の長寿命を実現したほか、自然放電率も3ヶ月でわずか10%と低いことから、防災用の長期保管にも最適としている。

(画像提供:アンカー・ジャパン)

本体重量は約19.9kgと重めではあるものの、人間工学に基づいて計算された幅約46cmのダブルクリップの採用により、両手で持ちやすく、持ち運び時の負担も少なくなっているとのこと。2人での持ち運びにも便利だ。

本体には、合計最大および単ポート最大1500W出力の6つのACポートに加えて、独自技術PowerIQ 3.0 (Gen2) を搭載した2つのUSB-Cポートや4つのUSB-Aポート、シガーソケットを搭載。これ1台で最大13台の機器に同時充電/給電 (合計1500W出力) が可能だ。

Ankerによると、スマートフォンなら約100回の充電が可能で、ドライヤーや電子レンジなども1500Wまでのものなら使用可能。

(画像提供:アンカー・ジャパン)

本体の充電は背面側にACケーブルを取り付けて行う。Anker独自の超急速充電技術により、わずか1時間で80%まで本体を充電でき、1.5時間あれば満充電が可能。非常時でも短時間で十分な電力が確保できる。

(画像提供:アンカー・ジャパン)

また、別売のソーラーチャージャー 「Anker PowerSolar 3-Port 100W」 を取り付けての充電にも対応していて、キャンプなどで電源がない状態でも、太陽光で生み出した電力を蓄電して使用することが可能だ。

さらに本製品を長く安心して使ってもらえるよう、Anker初の最大5年の長期保証も提供される。

「Anker 757 Portable Power Station (PowerHouse 1229Wh)」 の価格は169,900円 (税込) で、5月下旬に発売予定。本日からAnker Japan公式サイトや、Amazon.co.jp楽天市場および一部家電量販店で予約販売を開始している。

Anker、Soundcore、Eufy、Nebulaは、アンカー・ジャパン株式会社またはその関連会社の商標または登録商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。