アンカー・ジャパン取締役COOに猿渡歩氏が就任 日本市場のさらなる事業成長に向けた経営強化

8月24日、アンカー・ジャパンは、2014年から事業戦略本部の総責任者を務める猿渡歩氏を取締役COOに選任したことを発表した。就任は2020年8月24日付けで行われる。

アンカー・ジャパンの取締役COOに猿渡歩氏が就任

猿渡氏は、Deloitteにて財務・会計のコンサルティング業務をはじめ、IPO・新規事業展開・経営再建等の全社的な変革の意思決定プロジェクトに従事。その後、PEファンド日本産業パートナーズでのプライベート・エクイティ投資業務に携わり、2014年の事業部門創設時よりアンカー・ジャパンに参画した。

アンカー・ジャパンに入社後は、日本市場におけるマーケティング・セールス・事業開発部門等の総責任者として同社のビジネス拡大と部門体制の強化を牽引。

事業の中核をなすAnkerの主要製品カテゴリ(モバイルバッテリーや急速充電器等)だけでなく、新規参入カテゴリであるオーディオ製品、ロボット掃除機等でも短期間でオンラインシェアをトップクラスへ引き上げる傍らで、オフライン販路の開拓や新規事業開発にも手腕を振るい、設立6期目の2018年には日本法人単体で年商100億円を達成した。

今後はこれまで同様、事業戦略全体をリードしながら、取締役COOとして日本でのビジネスの成長をさらに加速させ、コーポレート・ミッションである 「Empowering Smarter Lives」 の実現を力強く推進していくとしている。

取締役 COO / 事業戦略本部 統括 猿渡歩氏のコメント

多くのお客様にAnkerグループ製品をご愛用いただいていることを大変光栄に存じます。知名度0の外資系ハードウェアベンチャーという立場での挑戦にはたくさんの苦楽がありましたが、ビジネスの拡大に最前線で触れ、信頼の置けるチームメンバーと一緒に大きな成長の軌跡を描いて来られたことを誇りに思っています。

チャージング製品から始まったAnkerグループの事業はオーディオ製品・スマートホーム関連製品・IoT製品へと驚くほど速いスピードで拡大と進化を遂げており、同時に販売チャネルもオンラインからオフライン、そして直営店の拡大と多面的に広がっています。今後もお客様との信頼関係を大切にしながら、優れた品質・機能性・デザインを備えた製品でスマートな生活をサポートできるよう努めて参ります。

関連記事
Anker Innovationsが深圳証券取引所 「創業板(ChiNext)」 でIPO。約420億円を調達

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。