Anker、家庭用3Dプリンター 「AnkerMake M5」 販売開始。高速プリントと高精度が特徴、初回セールもあり

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

3月7日、アンカー・ジャパンは同社サブブランド 「AnkerMake」 から、Ankerグループ初の家庭用3Dプリンター 「AnkerMake M5」 を販売開始した。

価格は99,900円(税込)、Anker Japan公式サイトや一部のAnker Store、Amazon.co.jpや楽天市場などで購入可能だ。

▼ 「AnkerMake M5」 を購入する
Anker Japan公式サイト
Amazon.co.jp
楽天市場

グループ初の家庭用3Dプリンター 「AnkerMake M5」 販売開始

「AnkerMake」 は、充電関連製品を展開するAnkerでこれまで培った幅広い技術やイノベーションへの想いを受け継ぎ、クリエイターのためのハードウェアに特化したサブブランド。

第1弾として登場する 「AnkerMake M5」 は、米国クラウドファンディグKickstarterにおいて、3Dプリンターとしては史上最高額を達成した家庭用3Dプリンターだ。

本製品は一般的な家庭用3Dプリンターに比べて完成までのスピードが速く、高精度であることが特徴となる。

プリント速度に関しては、強力なモーターとダブルベルトの組み合わせによるPowerBoost テクノロジーでプリントにかかる時間を約75%短縮し、最大加速時は一般的な家庭用3Dプリンターの約5倍の速さとなる250mm/秒の高速プリントを実現する。

また、エクストルーダーとホットエンドが一体となったウルトラダイレクトエクストルーダーにより、高速プリント時にも0.1mm単位の高い精度を保つことができる。

高度なアルゴリズムにより、49ポイントから自動で合わせるオートレベリング機能も搭載されているため、ノズルとヒートベッドの高さを手動で合わせる必要がなく、ワンタッチで水平長ができるのも魅力だ。

本体には1080pの高精細なAIカメラが搭載されており、制作時の様子をタイムラプス映像として撮影・記録できるほか、プリントのずれやエラーを検知すると専用アプリで通知し、動作を停止させることができるため、フィラメントの無駄な消費を防ぐことができる。

そのほか、初心者でもシンプルに操作できる設計になっているのも大きな特徴だ。開封から約15〜20分で簡単に組み立てられる構造を採用しており、本体のタッチパネルで簡単に操作でき、プリンターやパラメーターの設定ができる。

Wi-FiまたはUSB-Cメモリを使用してデータ転送することもでき、アプリやソフトウェアから簡単にプリントファイルが選択できる。

別売りの5色のフィラメントや、今後販売予定の多色プリントを可能にするプリントエンジンを合わせて使用することで、複数色を用いた作品の制作もできる。初心者から3Dプリンターを使い慣れたクリエイターまで幅広い需要に対応する。

「AnkerMake M5」 は、本日3月7日からAnker Japan公式サイトや一部のAnker Store、Amazon.co.jpや楽天市場などで販売が開始されており、価格は99,900円(税込)。

Amazon.co.jpでは、恒例の初回セールが実施されており、初回100個限定で15%オフの84,992円(税込)で購入可能だ。

▼ 「AnkerMake M5」 を購入する
Anker Japan公式サイト
Amazon.co.jp
楽天市場

(画像提供:アンカー・ジャパン)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Anker、Soundcore、Eufy、Nebulaは、アンカー・ジャパン株式会社またはその関連会社の商標または登録商標です。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。