Anker初の3Dプリンター 「AnkerMake M5」 22年冬頃に発売。AI認識機能付きカメラを業界初搭載、常時モニタリングに対応

(画像提供:アンカー・ジャパン)

4月13日、アンカー・ジャパンは新製品発表イベント 「Anker Power Conference – ’22 Spring」 をメディア向けに開催。イベント内で、クリエイティビティの実現をサポートするサブブランドとして 「AnkerMake」 を展開すると発表した。

同サブブランドの製品として、2022年冬頃に同社初の家庭用3Dプリンター 「AnkerMake M5」 を発売することを明らかにした。

Ankerから家庭用3Dプリンター 「AnkerMake M5」 2022年冬発売

「AnkerMake M5」 は、高いプリント精度に加えて、安定した印刷速度・加速度を実現する 「PowerBoostテクノロジー」 を採用した3Dプリンター。独自のアルゴリズムとノズル機構によって、印刷速度50mm/sの製品にくらべて、約5倍の作業スピードを実現している。

印刷速度は最大250mm/s、±0.1mm。印刷方式はFDM (熱溶解積層方式)。なお、3Dプリンター製品はAnkerにとって初。

 

また、業界ではじめてAI認識機能付きカメラを搭載し、常時モニタリングに対応する。元のデータと実際の出来上がりをリアルタイムで整合させ、目詰まりなどの発生時にはすぐに作業を中断させることが可能。モニタリングは専用アプリで行うことができ、タイムラプスでシェアすることも可能だ。

組み立ては15分で完了し、作業自体も高速であるため、制作にかかる時間を節約できるとアンカー・ジャパンはアピールする。参考例として、7.5×7.0x9.2mmのオブジェクトを制作させる際、他社性の3Dプリンタでは組み立てに1〜2時間、印刷に7時間かかるところ、「AnkerMake M5」 ではそれぞれ15分+2時間で完了できるとしている。

また、モニタリング機能等により印刷失敗を防ぐこともできるため、時間だけでなく印刷用素材も無駄にしないと説明する。米国ではKickstarterで資金調達を行ったところ、開始72時間で5.5億円の資金が集まったという。

「AnkerMake M5」 の予定販売価格は99,990円(税込)、発売時期は2022年冬頃を予定している。

▼ Ankerの新製品を各ストアでチェック
Anker Japan公式サイト
Amazon.co.jp
楽天市場

Anker、Soundcore、Eufy、Nebulaは、アンカー・ジャパン株式会社またはその関連会社の商標または登録商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。