「AnkerWork B600 Video Bar」 発売。カメラ/ライト/マイク/スピーカーをひとつにまとめた4-in-1ビデオバー、80台限定10%還元

アンカー・ジャパンは、同社サブブランド 「AnkerWork」 から新製品 「AnkerWork B600 Video Bar」 を発売する。

本日より、Anker公式サイトのほか、Amazon.co.jp楽天市場などのECサイト、一部家電量販店でも販売される。通常販売価格は29,990円(税込)。なお、発売を記念した10%ポイント還元キャンペーンがAmazon.co.jp限定で実施される。

▼ 「AnkerWork B600 Video Bar」 を購入する
Anker公式サイト
Amazon.co.jp
楽天市場

カメラ/ライト/マイク/スピーカーがひとつになった 「AnkerWork B600 Video Bar」

「AnkerWork B600 Video Bar」 は、今年4月に発表されたAnkerのオフィス&リモートワーク向けブランド 「AnkerWork」 の第1弾商品として投入される4in1ビデオバー。カメラ/ライト/マイク/スピーカーをひとつにまとめることで、オフィスや自宅のPCデスクをシンプルにできる製品となる。

ビデオバーの大きさはメガネケース1個分程度に相当し、ディスプレイの上に設置することでオフィスワークの妨げになることなく使用できる。

PCとの接続はUSB Type-C 1本で行い、PC側でAnkerWorkソフトウェアをインストールすることで各種設定の変更が利用できる。設定はライトの色温度調整などだけでなく、内蔵レンズの向きを水平/垂直方向で調整し、被写体を中央に捉える自動追尾機能および自動画角調整も利用可能だ。

本製品に搭載されたカメラレンズは2Kの高画質撮影に対応する。また、内蔵されたライトが被写体を照らし、逆光や夜間でも綺麗に映すことができる。ライトの明るさは周囲の明るさなどに応じて自動で調整されるが、本体前面のタッチバーをスライドすることで手動調整も可能だ。

そのほか、話し声/チャイムなどの環境雑音を軽減させる 「ノイズリダクション機能」 のほか、音声の入力ボリュームを自動調整する 「オートゲインコントロール機能」 を搭載する。

内蔵マイクは合計4つ。いずれも高感度タイプになっており、ストレスのない通話を実現したという。スピーカーは、2W出力の高精細スピーカーを2基搭載する。

本体側面にはタッチ式ミュートボタンが搭載されており、指で触ることで音声のミュートのオン/オフ、ライトのオン/オフの切替えが可能。

「AnkerWork B600 Video Bar」 は本日6月21日より販売が開始される。購入はAnker公式サイトのほか、Amazon.co.jpや楽天市場などのECサイト、一部家電量販店にて可能だ。

通常販売価格は29,990円(税込)だが、発売を記念した10%ポイント還元キャンペーンがAmazon.co.jpで実施されている。キャンペーンは80台限定。

▼ 「AnkerWork B600 Video Bar」 を購入する
Anker公式サイト
Amazon.co.jp
楽天市場

(画像提供:アンカー・ジャパン)

Anker、Soundcore、Eufy、Nebulaは、アンカー・ジャパン株式会社またはその関連会社の商標または登録商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。