【レビュー】Mac/PC用ソフト「AnyTrans for Android」を試用 簡単操作でAndroid端末のデータを管理(PR)

以前から、当サイトでは、iMobieのMac/PC向けiTunes代替ソフト「AnyTrans」の最新情報をお伝えしている。

同ソフトは、iOS端末のバックアップやデータ転送が簡単にできるようになっており、さらにiTunesにはない便利機能が多数搭載されている。UIも分かりやすく、PCソフトに慣れていない人でも簡単に使うことが可能だ。

これまで、同ソフトはiOS専用となっていたが、今年1月にAndroidでも同じような操作が可能な「AnyTrans for Android」が登場。iOS版と同様、Android端末に保存されているデータをMac/PCに転送したり、逆にMac/PC側から音楽や写真などのコンテンツをAndroid端末に転送することが可能だ。

また、iOSからAndroidへのデータ移行機能やAndroid端末同士のデータ移行機能なども用意されており、これからAndroidを使い始めたり、機種変更をする際に便利な機能が搭載されている。

今回は、そんな「AnyTrans for Android」の特徴や使い心地、便利な点などを紹介。Androidユーザーはぜひ詳細をチェックしていただきたい。

Android端末のデータ管理を簡単に行える「AnyTrans for Android」

AnyTrans for Android」は、以前からリリースされていたMac/PC向けiTunes代替ソフト「AnyTrans for iOS」のAndroid対応版。Mac/PCにAndroid端末を接続することで、簡単操作で端末内のデータをMac/PCに転送したり、逆にMac/PC側からファイルを転送することが可能だ。

同ソフトを使ってできる操作は以下の通り。

上記の操作は、ほとんどがワンクリック、ツークリック程度で完了してしまうほど簡単で、PC初心者でも安心してAndroid端末のデータを管理することができる。

特に注目したいのが、Android端末からAndroid端末へのデータ転送機能や、iOS端末からAndroid端末へのデータ転送機能。連絡先やメッセージ、写真などの主要なデータの移行が可能で、機種変更時に役立ってくれる。

AndroidからAndroidへの機種変更時には、メインメニューの「デバイスをクローン」を、iOSからAndroidへの機種変更時には、上部メニューの左から2つ目にある「Androidへ引っ越し」を選択しよう。

移行できるデータの種類は以下の表の通り。

AndroidからAndroid iOSからAndroid
連絡先
メッセージ
通話履歴
カレンダー
ブック
アプリ
音楽
ムービー
フォトライブラリ
連絡先
メッセージ
通話履歴
カレンダー
音楽
オーディオブック
ムービー
ホームビデオ
TV番組
ミュージックビデオ
ポッドキャスト
iTunes U
カメラムービー
カメラロール
フォトライブラリ
ブック

また、3月に配信されたアップデートでは、iTunesから音楽や動画などのコンテンツをAndroidに転送することができる機能も追加されている。iTunesで音楽を管理している人は、ぜひ同機能を活用してみてほしい。

ここまでは、「AnyTrans for Android」でできることを紹介してきたが、実際に同ソフトを使用してデータ転送を行うまで、少し手間取った部分があったので解説しておきたい。

筆者は今回、Mac版の「AnyTrans for Android」を使ったのだが、ソフトをインストールしてAndroid端末を接続してみたものの、「デバイス未接続」の状態になってしまい、端末を認識することができなかった。

これを解消するためには、いくつかの手順をこなす必要がある。まず、Android側の設定アプリから、開発者向けオプションを表示させ、「USBデバッグ」機能をオンにする。

開発者向けオプションは初期状態だと表示されていないが、特定の操作をすることで表示されるようになる。使用している端末によって操作が異なるので、表示方法が分からない場合は各自調べていただければと思う。

「USBデバッグ」機能をオンにしたあと、「AnyTrans」のAPKをインストールすると、やっとデータ転送が可能になる。端末が認識されずにつまずいている人は、これら一連の作業を行ってみよう。

以上、「AnyTrans for Android」でできることや、使用感をお伝えした。筆者が実際に使ってみたところ、端末認証時に多少戸惑ったが、認証さえできてしまえばとても簡単にデータ転送を行うことが可能だった。Androidのデータ管理を手軽に行いたい方には、ぜひともオススメしたいソフトだ。

無料体験版も配布されているので、試しに使ってみたい方はこちらからダウンロードを。ソフトはMac版とWindows版の2種類があるので、ダウンロードの際にはお間違えのないように。

ライセンスは、1台のMac/PCで動作する「シングルライセンス」と、最大5台までのMac/PCで動作する「マルチライセンス」が購入可能。シングルライセンスは3,980円、マルチライセンスは5,980円で販売中だ。

ちなみに、現在iMobieは「AnyTrans for Android」の期間限定キャンペーンを開催している。

こちらのキャンペーンページから「AnyTrans for Android」をダウンロード&インストールし、ソフト内でガラポン抽選に挑戦することで、「HUAWEI Mate 10 Pro」やAmazonギフト券が当たるというものだ。

賞品と当選人数は以下のとおり。

賞品 当選人数
HUAWEI Mate 10 Pro(SIMフリー) 1名
Amazonギフト券(3,000円分) 5名
Amazonギフト券(1,000円分) 10名
Amazonギフト券(100円分) 100名
「AnyTrans for Android」ライセンスコード 100名
「AnyTrans for Android」30%オフ割引券 100名

抽選ということで運に左右されるキャンペーンにはなるが、「AnyTrans for Android」のライセンスコードや割引券もあり、こちらは当選人数もそこそこ多い。

キャンペーン期間は5月2日までとのことなので、期間中に「AnyTrans for Android」をダウンロードした人は、ぜひとも挑戦していただければと思う。

AnyTrans for Android」の体験版ダウンロードや、ライセンスの購入は以下からどうぞ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。