iPhoneのデータをUSBメモリに移す方法 (AnyTrans編)

長らくiPhoneを使っていると、写真や動画、アプリ、ファイルなどがストレージ容量を圧迫し、容量が足りなくなってしまうことがある。少しでもストレージ容量を確保するため、PCなどにデータを退避させる人が多いとは思うが、その肝心のPCが壊れてしまうと大切なデータを失ってしまうことに。

そんなとき、iPhoneのデータをすべてUSBメモリにバックアップしておけば、万が一PCが壊れてしまったとしても大事なデータを守ることができる。当記事では、iPhoneのデータをUSBに移す方法を紹介する。

iPhoneとUSBメモリ間でデータを移行できるツール

AnyTransはiPhone/iPad/iPod touchの専門の移行・管理ソフトとして、iOSデバイスとiTunes/PC/USBメモリの間で簡単にコンテンツを移行することができる。また、このソフトは以下の機能も利用可能だ。

  1. 3分で約1.5GBのファイルを転送できる (iPhoneを使って実行したテスト結果より)
  2. 写真/音楽/電話帳/メッセージ/メモ/アプリなどのほぼすべての重要なデータをサポート
  3. 転送されたデータは紛失してしまうことがなく、サイズも変わらない
  4. 移行する前にデータをプレビュー&選択できる
  5. 欲しいデータだけを移行するか、丸ごと移行するか、自由に選択できる
  6. 使いやすいインターフェイスで、パソコンが苦手の方も簡単にデータを転送できる

AnyTransは、無料試用版と有料版が用意されている。まずは無料試用版をダウンロードして、使い勝手を体験してみよう。「AnyTrans」 のホームページはこちらから。

操作方法

それでは、さっそくAnyTransを利用して、iPhoneのデータをUSBメモリに移してみよう。

  • ステップ1:AnyTransをダウンロード
  • ステップ2:USBメモリをパソコンに挿す > AnyTransを起動 > iPhoneをUSBケーブルでコンピュータに接続 > ホーム画面で 「PCへ」 をクリック
  • ステップ3:USBメモリに転送したいデータの種類のチェックを入れる > 出力先にUSBメモリを選択 > 「次へ」 をクリックする
  • ステップ4:バックアップが完了するまで待つ

他の機能

AnyTransは他にもたくさんの機能が用意されている。

  • 写真/音楽/LINE/電話帳などをiPhone/iPad/PC/USBメモリに移行
  • データの追加/編集/削除
  • iTunesとiCloudのデータを管理
  • 好きな曲を着信音/通知音/アラーム音に設定
  • iPhoneのアプリをライブラリに保存して、いつでもアップデートしたり、ダウングレードしたり、削除できる
  • iPhoneのデータをフルバックアップ/増分バックアップ/自動バックアップ

AnyTransのホームページから無料試用版をダウンロードして上記機能を体験してみよう。「AnyTrans」 のホームページはこちらから。

▼ 動作環境

  • Windows OS:Windows 11, 10, 8, 7, Vista(32bit & 64bit両方)

  • macOS:macOS Monterey, macOS Big Sur, macOS Catalina, macOS Mojave, macOS High Sierra, macOS Sierra, OS X 10.11, 10.10, 10.9, 10.8
  • 
iOS:iOS 15、14, 13, 12, 11, 10, 9, 8, 7, 6, 5

関連記事
iPhoneからパソコンにファイルを送る方法
iCloudの写真をパソコンに保存する4つの方法

(Sponsored:iMobie Inc.)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。