Apex Legends、Nintendo Switch版とSteam版が配信決定。2020年秋にクロスプレイ全機種対応

6月19日、EAは新作タイトル発表イベント『EA Play Live 2020』をオンライン開催。同イベントの中でRespawn Entertainmentが開発する『Apex Legends (エーペックスレジェンズ)』のSteam版およびNintendo Switch版の配信が決定したことを発表した。

『Apex Legends (エーペックスレジェンズ)』は2019年2月に配信が開始された基本プレイ無料のバトルロイヤルFPSタイトル。これまでのプラットフォームはPlayStation 4、Xbox One、Windows(Origin)だったが、新たにNintendo SwitchとSteamでの配信が決定された。

また、2020年秋には全機種を対象としたクロスプレイ実装が予定されているとのこと。どの機種からでも参加することができるようになるようだ。

さらに今回の発表では、新モード “Evolve” などが追加されるシーズン5 “ロストトレジャーズ” が6月23日に配信開始となる旨が発表されている。同コレクションの詳細は以下の動画から確認いただきたい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。