App Storeに掲載できるスクリーンショットの枚数上限が10枚に倍増

現地時間22日、Appleはアプリ開発者向けに、App Storeに掲載できるスクリーンショットの枚数を、従来の5枚から10枚に倍増させたことを明らかにした。

対象となるストアは、iOS App StoreとwatchOS App Store、そしてtvOS App Storeの3つのストア。Mac App Storeについては変更は行われていない。

この変更によって、アプリの魅力を今まで以上にアピールすることが可能になる。開発者の方は是非スクリーンショットを追加してみていただきたい。

ちなみに、App Storeの検索結果に表示されるスクリーンショットの枚数は、ポートレート(縦向き)のスクリーンショットの場合は最大で3枚、そしてランドスケープ(横向き)の場合は最大で1枚までとなっており、これまでと変更は特にない。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。