Apple、2030年までにサプライチェーンの100%カーボンニュートラルを実現へ

現地時間7月21日、Appleは事業全体、製造サプライチェーン、製品ライフサイクルのすべてにおいて、2030年までにカーボンニュートラル (気候への影響をゼロにする) を実現する計画であることを発表した。

現時点でAppleはグローバルな企業運営において既にカーボンニュートラルを達成しているが、さらに今後は販売されるすべてのApple製品についてもカーボンニュートラルを目指すという。

同日に公開されたAppleの環境に関する2020年の進捗報告書では、温室効果ガスの排出量を2030年までに現在の75%減とする計画を詳述。さらに残り25%の二酸化炭素を除去するため、革新的なソリューションの開発についても言及しているとのこと。

今回の発表にともない、YouTubeのApple公式チャンネルでは 「気候変動に関するAppleの約束」 という動画が公開されている。また、Apple公式サイトの 「環境」 ページも最新のものに更新されており、Appleの環境への取り組みについて詳しく紹介されている。

「環境」 ページはこちらのリンクからアクセス可能で、動画 「気候変動に関するAppleの約束」 は以下から視聴可能だ。

関連記事
MacBook Pro 2020 レビュー | Magic Keyboardと最新プロセッサで“次なるステージ”に突入したMBP
iPad Pro 2020 レビュー | 伝えたい11インチモデルの魅力。初のマルチカメラで大胆構図の写真も

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。