2018年後半に主要なMacはすべてCPUアップグレード Mac miniやiMacの新型モデル、低価格なMacBookも登場へ

2018年後半、Appleは大量のApple製品のリフレッシュを計画している。

以前から噂されているのは新型MacBook Pro、そして新型MacBookの登場。他には画面が広くなったApple Watchデザインが大幅に変更になったiPad Proの投入が噂されている。もちろん、毎年恒例となっている新型iPhoneも投入される予定。

しかし、今年後半に予定されているアップデートはこれだけではないようだ。TF International Securitiesの著名アナリストMing Chi Kuo氏によると、デスクトップモデル「Mac mini」や「iMac」もリフレッシュされる予定であるとのことだ。

2018年後半にMac ProとiMac Pro以外の全てのMacのアップグレードが実施

Kuo氏によると、AppleはMac ProとiMac Proを除く主要なMac製品は、ほぼ全てのプロセッサをアップグレードする予定であるという。

アップグレードが行われるのは「MacBook Pro」「MacBook」「iMac」「Mac mini」だ。これらのモデルには最新のプロセッサが搭載され、現行モデルよりも処理性能が向上する可能性が高い。

さらに、新型「MacBook Air」とも噂されている低価格版「MacBook」も新たにラインナップに加わる予定。こちらのスペックがどうなるか、どのような仕様になっているのかは現時点では明らかになっていない。

Macmini011

また、「Mac mini」の新型モデルに関してはデザインのリニューアルなどが行われるかどうかは明らかになっておらず、あくまでプロセッサのアップグレードが行われるだけに留まる可能性もあるようだ。

そして、「iMac」に関してはプロセッサのアップグレードに加えて、画面の性能が向上する可能性があるようだ。具体的にはリフレッシュレートが120Hzまで向上し、より滑らかな画面描写ができるようになる可能性が高い。実現すれば主に動画の再生やゲーム開発・ゲームプレイに役立つだろう。

以上がMacに関するKuo氏の予想だ。これが本当であれば、Macの大幅なデザイン変更はほとんどないことになる。あるとすればMac miniだが、こちらもどうなるかは不明。

そうなると、注目は以前から噂されている新型「MacBook」に集中しそうだ。画面サイズが11インチになるとされており、小型モデルが必要な方、あるいは低価格なMacBookを必要としているユーザーに響くとみられるが、詳細は依然として謎に包まれている。Appleはどんな端末を開発しているのだろうか。

ちなみに、Kuo氏は新型Apple WatchやiPad Proに関する情報も投下している。詳細は別記事で紹介するが、Apple Watchは画面の大型化が図られ、iPad ProはiPhone Xのようにベゼルレス化が行われるとみられている。これらの新型モデルについて気になる方は、ぜひ以下の記事をご覧になっていただければと思う。

Appleは今年、大量の新型モデルを市場に投入する計画だ。昨年の「WWDC 2017」以来もしくはそれ以上に大量の新製品を用意している可能性があるが、Kuo氏の予想はとにかく精度が高いため、Appleの新製品の購入を予定している方は今から貯金をしておいたほうがよさそうだ。

[ via AppleInsider ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。