Apple、2021年第2四半期決算を発表。5G対応iPhoneやM1 Mac販売好調で売上54%増で過去最高

現地時間4月28日、Appleは2021年第2四半期 (2021年1~3月期) の決算発表を行った。

同四半期の売上高は895億8400万ドル(約9兆7163万円)で、前年同期比54%増。純利益は236億3000万ドルで前年同期比110%増。希薄化後の1株あたり利益は1.40ドルで、一部アナリスト予測を大幅に上回った。

参考情報として、昨年同期(2020年第2四半期)は売上583億1300万ドル、純利益は112億4900万ドルだった。

コロナ禍で5G対応iPhoneとM1 Macが好調

各製品の売上高や会社全体の売上高・純利益 (および増減) は以下の表のとおり。

総売上高 / 純利益 (カッコ内は前年同期比)
総売上高 895億8400万ドル ( +54% )
純利益 236億3000万ドル ( +110% )
各製品の売上高 (カッコ内は前年同期比)
  売上高
iPhone 479億3800万ドル ( +66% )
Mac 91億200万ドル ( +70% )
iPad 78億700ドル ( +79% )
Wearable & Home 78億3600万ドル ( +25% )
Service 169億100万ドル ( +27% )

今回の決算では、Appleの5G対応iPhone (iPhone 12シリーズ)、そして自社開発チップ (M1) を搭載したMacの販売が好調だったことにより、大きく業績を伸ばした。新型コロナウイルスによる需要拡大も業績拡大を後押しした。

新型iPhoneについては、スタンダードモデルであるiPhone 12が最も人気で、上位モデルのiPhone 12 Pro/12 Pro Maxの販売も多いとのこと。ただし、小型モデルのiPhone 12 miniには言及がなかったことから、他3機種に比べてやや販売に苦戦している可能性がありそうだ。

以下は地域別の売上高。

地域別の売上高 (カッコ内は前年同期比)
地域 売上高
アメリカ 343億600万ドル ( +35% )
ヨーロッパ 222億6400万ドル ( +56% )
中国 177億2800万ドル ( +88% )
日本 77億4200万ドル ( +49% )
アジア太平洋地域 75億4400万ドル ( +94% )

Appleは今年4月に新型iPad Proや新型iMac (24インチ) などを市場に投入する。これらのモデルにはM1チップを搭載する予定で、性能が大幅に向上するとみられている。これらのモデルの投入により、Appleの業績はさらに拡大する可能性が高そうだ。

ただし、世界的な半導体不足がMacやiPadに影響を与える可能性があり、これらの売上高は数十ドル規模で押し下げられる可能性もあることに注意が必要だ。ちなみに今回の決算発表にあわせてAppleは700億ドル規模の自社株買いを発表している。

関連記事
Apple、2021年第1四半期(20年10~12月期)決算を発表。売上1000億ドルの大台突破、EPS1.68ドルと好決算
iPhone 12 Pro レビュー | カックカクな新デザインの新型5Gモデル、その魅力とイマイチなところ。MagSafeも使ってみた
MacBook Pro M1 レビュー | 私のMac、速すぎ…!熱くならないしサクサク動く不思議なMac。その実力を徹底検証

▶︎ 最新iPadの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。