Apple、MacやiPhone、iPad、HomePodに安価モデルを投入か

macbook-air

Appleは、自身の高価な製品ラインナップに対して、それぞれ安価なモデルを投入することで、もっと多くのユーザーに自社の製品を親しんでもらうことを考えているのかもしれない。

経済日報は、Appleが4つの製品ラインナップに対して、安価なモデルを投入することを計画していると伝えている。

具体的には、MacやiPhone、iPad、HomePodの4種類のラインナップに投入されるという。

Appleは4種類の製品に安価モデルを投入予定か

WitsViewのQiu Yubin氏やKGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏などの著名アナリストによると、Appleは価格の抑えた「MacBook Air 13-inch」を出荷する予定であるとのこと。最も安いモデルで、899ドルになるとしている。

また、現行モデルの「iPad(第5世代)」は70ドル値下げされるようだ。現在、同モデルは37,800円(税別)で販売されていることから、値下げ後は3万円前後で販売されることになる。

さらに、「iPhone X」シリーズにも6.1インチ液晶モデルが投入され、価格は649ドルから749ドルで販売されるとのこと。また、今年2月に発売したスマートスピーカー「HomePod」にも小型モデルが登場し、150ドルから200ドルで購入できるものと予想されている。

安い製品の登場によって、Appleの製品は多くのユーザーにとって買いやすいものになる可能性が高く、新製品の販売台数を大きく伸ばす要因となりそうだ。また、そのほかにも今まで通りハイエンドユーザーにとって魅力的な製品を作ることができれば、多くのユーザー層を満足させることができるだろう。

昨年、Appleは各製品で過去最高の売り上げを達成していたが、今年はさらに売り上げを伸ばすことが期待される。

それぞれの安価モデルについては、すでに噂も出てきているので、詳しくは以下の記事を参考にしていただきたい。

[ via Macお宝鑑定団Blog ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。