Apple、19年第4四半期(19年7~9月期)決算を発表 総売上640億ドル、サービス部門だけで125億ドルを稼ぐ

米国時間10月30日、Appleは2019年第4四半期 (2019年7~9月期) の決算を発表した。

決算発表によると、同四半期の売上高は640億4,000万ドルで、前年同期比で2%増と市場予測を上回った。純利益は136億8,600万ドルで前年同期比3%減となった。希薄化後の1株あたり利益は3.03ドルとなり、事前の市場予測(2.83ドル)を上回った。

参考として昨年同期 (2018年第4四半期) は売上高629億ドル、純利益141億2,500万ドルだった。

iPhoneの販売不振は継続中であるものの、サービス部門が急成長中

各製品の売上高や会社全体の総売上高・純利益 (および増減) は以下の表の通り。

総売上高 / 純利益(カッコ内は前年同期比)
総売上高 640億4,000万ドル ( +2% )
純利益 136億8,600万ドル ( -3% )
各製品の売上高
  売上高
iPhone 333億6,200万ドル ( -9% )
Mac 69億9,100万ドル ( -5% )
iPad 46億5,600ドル ( +17% )
Wearable & Home 65億2,000万ドル ( +54% )
Service 125億1,100万ドル ( +18% )

今回の決算の注目は、今年9月に発売した新型iPhoneがどれほど好調だったのかということ。Appleは2019年第1四半期の決算報告から、iPhoneやiPadなど各デバイスの出荷台数を報告しなくなったため正確な販売台数を分からなくなったが、売上額からある程度は把握することができる。

前年同期比9%減の333億ドルとなっていることから、昨年のiPhone XS/XS Maxシリーズに比べるとやや販売台数が落ちた可能性がある。とはいえ、前回決算(2019年Q3)でiPhoneの売り上げは前年同期比12%減となっていたことから、新型iPhoneで販売不振をわずかに改善することができたとも捉えることが可能だ。

iPhoneの販売減少を下支えしたのが、ウェアラブル部門とサービス部門だ。ウェアラブル部門には主にApple WatchやAirPods、HomePodなどが含まれるが、このうちのApple WatchやAirPodsが好調だ。前年同期比で54%の成長となっていて、Appleの中で最も成長角度の高い分野になる。

しかし、特筆すべきはサービス部門。Appleは2016年からサービス部門の売上を2020年までに2倍にすることを目標に掲げてきたが、その目標に向かって順調に推移していることが確認できる。今期の売上高は125億1,100万ドルで前年同期比18%増。

さらに今後は定額制ゲーム配信サービス 「Apple Arcade」11月2日から提供が始まる定額制映像配信サービス 「Apple TV+」 の売上も乗ってくるため、サービス部門は急成長を遂げる可能性が高い。

地域別の売上高
地域 売上高
アメリカ 293億2,200万ドル ( +7% )
ヨーロッパ 149億4,600万ドル ( -3% )
中国 111億3,400万ドル ( -2% )
日本 49億8,200万ドル ( -3% )
アジア太平洋地域 36億5,600万ドル ( +7% )

地域別の売上は北米・アジア太平洋地域が好調。日本・ヨーロッパ・中国に関しては2~3%の売上減となっている。

Appleは今回の決算発表に合わせて、2020年第1四半期の決算発表の売上を855億ドルから895億ドルと予測している。

関連記事
Apple、19年第3四半期(19年4~6月期)決算を発表 3四半期ぶりに増収も減益は3四半期連続
iPhone 11 Pro レビュー | 3眼カメラを搭載した初プロモデル。14万円の価値はあるのか考えてみた
iPhone 11 レビュー | 望遠レンズが不要なら今年は11を選ぶべきなのかも

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。