Apple、「Apple AC 電源プラグ交換プログラム」を発表 一部製品に感電する恐れあり

genius-bar

 Apple一部のMacやiOSデバイス向けに製造・出荷したAC電源プラグの無償交換を行う「Apple AC 電源プラグ交換プログラム」を開始している。対象者の人は注意が必要だ。

一部で感電の恐れあり、日本で購入した人は問題なし

Apple AC 電源プラグ交換プログラム」で無償交換を行うのは、一部のMaciOS向けのAC電源プラグ。ごく稀に故障が発生し、手で触れると感電する危険性があることが判明したとのことで、このAC電源プラグを持っている人にはAppleは無償での交換サービスを行っている。

対象になっているのは、ヨーロッパ大陸、オーストラリア、ニュージーランド、韓国、アルゼンチン、ブラジル向けに設計された 2 芯の Apple AC 電源プラグ (ダックヘッド)で、2003 年から 2015 年にかけて Mac や一部の iOS デバイスの同梱物として出荷され、また、Apple ワールドトラベルアダプタキットにも含まれていたものであるとのこと。

米国、英国、中国、日本向けの AC 電源プラグや、 Apple USB 電源アダプタなどは対象に含まれていないようなので、国内で購入したものに関しては安心して使ってもいいとのことだ。

電源プラグの見分け方は、電源アダプタとの接触部にあるくぼみに記載された文字が、4~5文字で記載されているか、文字が全く記載されていないもの。下の画像で自身のACプラグと比較してみよう。

apple-acpower2

apple-acpower1

もし自分の使っているAC電源プラグが対象になっている場合は、近くのApple Store 直営店 (Genius Barの予約を忘れずに!)かApple 正規サービスプロバイダで交換ができるとのことだ。

交換手続きとしてMac、iPad、iPhone、または iPod のシリアル番号が尋ねられるようなので、来店前にあらかじめメモをして行くようにしよう。シリアル番号の確認方法はこちらから。

[ via Apple ]

genius-bar
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう