Apple、今年後半にアクセシビリティの新機能を導入へ。ドア検知やApple Watchミラーリングなど

5月17日、Appleは2022年後半に導入を予定している、新しいアクセシビリティ機能をプレビューした。ドアの検知機能や、Apple Watchミラーリングなど、運動・視聴覚機能に制約がある人向けに新機能を追加する。

ドアの検知

弱視や盲目など視覚に障がいをもつユーザーを正しくナビゲーションするためのドア検出機能。ドアを検出し、ドアからどのくらい離れているのか、どんなドアなのか、ドアが空いているのか閉じているのか、ドアノブを押すのか回るのか、ハンドル式なのかなど、ドアに関するナビゲーションが可能だという。

また、オフィスやマンションの部屋番号を読み取ったり、ドア周囲のシンボル(目印)や標識などを読み取ることができるとのことだ。

この機能は、iPhoneやiPadの上位モデルに搭載されているLiDARスキャナやカメラ、機械学習機能などを利用することで実現するとのこと。

Apple Watchミラーリング

iPhoneで、Apple Watchを完全に制御できるようにする 「Apple Watchミラーリング」 。主に身体障害/運動障害をもつユーザーに有効なアクセシビリティ機能となっていて、Apple Watchの画面をタップする代わりに、音声コマンドやサウンドアクション、ヘッドトラッキングあるいは外部のスイッチコントロールなどの入力を使うことで、Apple Watchを完全制御することが可能。

もちろん、血中酸素、心拍数、マインドフルネスなどのApple Watchの健康計測機能も利用できる。

また、昨年追加された 「AssistiveTouch」 に改良を加えることで、Apple Watchをより簡単に制御できるようにするクイックアクション 「ダブルピンチジェスチャー」 を追加する。電話の応答/終話、通知を消したり、写真を撮ったり。音楽の再生/停止やワークアウトの開始/一時停止/再開が可能になる。

ライブキャプション

聴覚障害のある人や難聴の人のために、電話やFaceTime通話、ソーシャルメディアアプリなど、ありとあらゆるオーディオコンテンツをリアルタイムでテキスト変換して表示する 「ライブキャプション」 機能がiPhoneやiPad、Mac向けに提供される。表示されるテキストは自分の読みやすいサイズに調整可能だ。

FaceTimeではテキストに変換されたダイアログが参加者に表示されるため、聴覚障害がある人はグループ通話がより便利になる。また、Macでの通話の際にライブキャプション機能を使用する場合、ユーザーが入力した応答をリアルタイムで読み上げる機能も提供されるとのこと。

Voice Over

音声でテキストを読み上げる 「VoiceOver」 に、20言語が新たに追加。追加される言語は、ベンガル語、ブルガリア語、カタロニア語、ウクライナ語、ベトナム語など。

これらの新しい言語では、アクセシビリティ機能のSpeak SelectionとSpeak Screenでも利用できるようになる予定。さらに、MacのVoiceOverでは、新テキストチェッカーツールを使って、重複したスペースや誤った大文字など、よくある書式の問題を発見することができ、文書や電子メールの校正がさらに簡単になるとのこと。

サウンド認識

アラームやドアベル、家電製品の音声など、各家庭で鳴る固有の音を認識できるように。

Siriの応答時間のカスタマイズ

Siriが一定時間、応答を待つ機能。言語障害のあるユーザー向けの機能として、Siriがリクエストに応答するまでの待ち時間を調整できるように。

Buddy Controller

ゲーム関連の機能として、ケアプロバイダーや友人にゲームプレイの手助けをしてもらえる機能が追加される。任意の2つのゲームコントローラーを1つにまとめることで、複数のコントローラーを使ってシングルプレイが可能に。

Apple Books

テキストの太字や行/文字/単語間隔を調整する機能。さらに快適に読書できるようにするためのカスタマイズオプション/テーマを導入する。


今年後半に追加されるこれらの新機能は、運動・視聴覚機能に制約がある人でもAppleのデバイスを最大限に利用できるようにするためのアクセシビリティ機能。ハードウェアだけでなく、ソフトウェアの改良や機械学習を使用することで、身体障害/運動障害のある人たちの日常生活における障壁を引き下げることが可能だという。

また、アクセシビリティアシスタントのショートカットが、MacとApple Watchのショートカットアプリに今週登場予定。ユーザーの好みに基づき、推奨されるアクセシビリティ機能が表示される。

関連記事
Apple Watch Series 7 レビュー (ステンレススチール) 画面がさらに大きくなった新型モデル、どんなユーザーにオススメ?
iPhone 13 Pro レビュー | 高性能トリプルカメラでステキな風景を瞬時保存。新プロセッサ&ProMotionテクノロジーで画面動作ヌルサクに

(画像:Apple)

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。