「AirPower」 の生産が開始 まもなく発売へ

2017年秋に披露されたものの、依然として発売に漕ぎ着けていないAppleの純正ワイヤレス充電器 「AirPower」 。発表から1年以上経った今ようやく生産が開始され、まもなく販売が開始される予定であることが分かった。

AirPowerの生産がようやく開始 まもなく販売開始か

報じたのは、香港のWEBメディア 「ChargerLAB」 。同メディアはAppleのサプライチェーンの中の信頼できる情報筋から得た情報として、中国の製造会社Luxshare PrecisionがAirPowerの製造を開始したことを伝えている。

Luxshare Precisionは、「Qi」 というワイヤレス充電規格を策定する業界団体 「ワイヤレスパワーコンソーシアム」 のメンバーのひとつで、これまでにもAppleのフルワイヤレスイヤホン 「AirPods」 や 「Lightning – USB-Cケーブル」 などのApple製品の組み立て・製造を行なっている会社。AirPowerについては、2017年頃から同社が製造を受け持つと報じられていた。

AirPowerはiPhone、Apple Watch、AirPodsの3つのデバイスを同時に充電できるAppleの純正ワイヤレス充電器だ。前述の通り、2017年秋にiPhone Xと同時に存在が明らかにされ、2018年内に発売するとアナウンスされていた。しかし、発熱や干渉などの技術的問題が発生したことで、結局は2018年に発売することができなかった。

さらにその後、Apple公式サイトからAirPowerの文言がなくなったことから、一部メディアからは開発中止を疑う声が上がっていたが、実際は開発が進められており、昨年末には問題とされていた発熱を抑えることに成功し、いつでもAppleが好きなタイミングで生産・販売ができる状況だと伝えられていた。

すでにサードパーティから多数のワイヤレス充電器が登場しているため、AirPowerの存在意義は薄れてしまっているようにも感じるものの、Appleの純正アクセサリということもあり、注目しているユーザーは多い。

ちなみに、ワイヤレス充電に対応したAirPodsの新型バッテリーケースの発売にも期待が高まる。こちらはすでに発売が予告されているが、これ以外にもワイヤレス充電とHey Siriに対応した新型AirPodsの登場も期待されており、これらはAirPowerとの同時発売を予想する声がある。

最近、iPhoneの販売不振など良い話題が少ないApple、AirPowerなどの新製品投入でユーザーの期待に応えることができるだろうか。

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。