Apple、AirTagの存在を自ら明かす 発売はかなり近い?

Appleは本日中にも新型 「iPhone SE」 を発表するという情報があるが、近いうちに噂の紛失防止タグ 「AirTag」 も販売開始されるのかもしれない。

現地時間4月2日、Appleは自身のYouTubeチャンネルを更新し、新しい公式サポート動画を公開。その動画のなかで未発表であるはずの製品 「AirTag」 が存在したことが判明した。海外メディアAppleosophyが発見し、情報を共有した。

AirTagが登場する公式サポート動画が誤って公開

公開された動画は、「iPhoneを削除する方法 (How to erase your iPhone)」 と題されたもの。今回の件を受けてか現在は削除されてしまっているが、動画には 「Wi-Fiもしくはモバイルネットワークに接続していないときにも、このデバイス(iPhone)とAirTagのオフライン検出を有効にする」 というトグルが存在することが確認できる。

もちろん、この “AirTag” という製品はAppleがまだ正式に発表していないものになる。しかも、現在のiOSの設定にも同項目は存在しない。なのにもかかわらず、上記の動画が誤って公開されたということは発売が近づいている証拠なのではないだろうか。

一部のリーカーによれば同製品は6月にオンラインで開催される 「WWDC 2020」 で発表されると予想しているが、果たしてどうだろうか。

関連記事
Appleの紛失防止タグ 「AirTag」 、CR2032のコイン電池で動作か ユーザーの手でいつでも交換可能
Appleの紛失防止タグ 「AirTag」 は2020年第3四半期以降に発売か

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。