Apple、毎年恒例 「初売り」 2021年1月2日・3日の2日間で開催へ。最大18,000円のギフトカード還元

12月28日、Apple Japanは2021年始に 「初売り」 を開催することを発表した。初売りは、2021年1月2日と1月3日の2日間で実施される。

開催予告当初は初売りの詳細が明らかにされていなかったが、12月29日にApple公式サイトが更新され、初売りの対象商品や還元額が発表された。

Appleが2021年 「初売り」 セールの開催を正式発表

「Appleの初売り」 は、Appleが毎年実施している初売りセール。今年は昨年と同じ還元型セールになっていて、2021年1月2日〜1月3日の間にApple製品を購入すると最大18,000円分のApple Storeギフトカードが貰える。

例年通りであれば、初売りは1月2日午前0時からApple公式サイトで開始される。またApple Store (実店舗) では開店と同時に初売りが開始される。

対象商品、製品ごとのギフトカードの還元額は以下のとおり。ちなみに整備済製品、販売終了製品、「現状有姿」 として販売された開封済みの返品製品は本キャンペーンの対象外となっている。

2021年初売りの対象製品と還元額
製品ジャンル 製品名 ギフトカード金額 製品リンク
Mac 16インチMacBook Pro 18,000円 MacBook Pro
21.5インチiMac 12,000円 iMac
iPad 11インチiPad Pro
12.9インチiPad Pro
12,000円 iPad Pro
iPad mini 6,000円 iPad mini
iPhone iPhone SE(第2世代)
iPhone 11
iPhone XR
6,000円 iPhone SE
iPhone 11
iPhone XR
HomePod HomePod 6,000円 HomePod
Apple Watch Apple Watch Series 3 3,000円 Apple Watch Series 3
AirPods AirPods (第2世代)
AirPods Pro
3,000円 AirPods
AirPods Pro
Apple TV Apple TV 4K
Apple TV HD
3,000円 Apple TV 4K
Apple TV HD
Beats製品 Beats Studio3 Wirelessヘッドフォン
Beats Solo Pro Wirelessヘッドフォン
Beats Solo3 Wirelessヘッドフォン
Powerbeats Pro
Powerbeats
3,000円 Studio3 Wireless
Solo Pro
Solo3
Powerbeats Pro
Powerbeats

Apple Store ギフトカードとは
Apple公式サイトやApple Store 直営店での買い物に利用できるギフトカード。物理カードのものとEメールタイプの2種類が存在する。有効期限はなく、Apple製品やアクセサリの購入にいつでも利用することが可能。

iPhoneは、iPhone SEとiPhone 11、iPhone XRが対象。購入することで6,000円のギフトカードを受け取ることが可能だ。Apple Watchは、Apple Watch Series 3が対象。3,0000円分のギフトカードを受け取ることができる。

iPadは、iPad ProとiPad mini 5が対象。Macは16インチMacBook Proと21.5インチiMacが対象だ。iPadは最大12,000円分、Macは最大18,000円分のギフトカードを受け取れる。

オーディオ製品からはHomePod、AirPodsシリーズ、Beatsシリーズが対象に選ばれた。AirPodsについては人気のAirPods Proがはじめて初売り対象に。それぞれの還元額は上記表を確認いただきたい。

Appleの初売りは2021年1月2日から1月3日までの2日間で、Apple公式サイトおよびApple Storeの両方で実施される。今年は新型コロナの関係で店頭で購入するには事前の予約が必要になるため、できればオンラインでの購入をオススメしたい。

関連記事
Appleの2021年「初売り」はいつ?安くなる製品や還元額、福袋の有無など2020年「初売り」から徹底予測

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。