Apple、「iPad Pro (2020)」 を発表。3D認識できるデュアルレンズカメラ内蔵。トラックパッド付きのMagic Keyboardも登場

3月18日、Appleは新型 「iPad Pro (2020)」 を突如として発表した。本製品は本日から予約受付がApple公式サイトで開始されており、発売は3月25日を予定している。価格は11インチモデルが84,800円から、12.9インチモデルが104,800円から (いずれも税別) 。

3D認識可能な2眼カメラが搭載、外付けキーボード 「Magic Keyboard」 も発表

今回発表された新型iPad Proは、基本的なデザインは従来モデルをそのまま引き継いでおり、画面サイズやベゼルの太さなどは大きな変更は行われていない。

大きな変更があったのは背面カメラ。従来までのiPad Proはシングルレンズカメラが搭載されていたが、新型モデルはデュアルレンズカメラが搭載されている。レンズ構成は広角レンズ(1,200万画素)と超広角レンズ(1,000万画素)の2種類となっていて、「iPhone 11」 と似た感覚で写真が撮影可能だ。

また、3D認識用のLiDARセンサーが新たに搭載されており、より高度なARコンテンツを楽しむことができる。

搭載プロセッサは8コアCPU・8コアGPU・Neural Engineで構成された 「A12Z Bionic」 チップ。先代モデルに搭載されていた 「A12X Bionic」 チップから性能が向上しているようだ。バッテリー持ちは最大10時間。

ストレージ容量は128GB・256GB・512GB・1TBの4種類のラインナップ。カラーバリエーションはシルバー・スペースグレイの2色になっている。購入はこちらからどうぞ。

また、新型iPad Proに合わせてトラックパッドが内蔵されたiPad Pro専用の外付けキーボード 「Magic Keyboard」 が発表されている。同製品は2020年5月に発売予定、価格は31,800円(税別)となっている。

▶︎ iPad Proの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。