「Mac mini 2020」 が発表。標準モデルのストレージ容量が2倍、価格は4コアモデルのみ値下げ

3月18日、Appleは新型MacBook Airおよび新型iPad Proを突如として発表したが、Mac mini」 についても若干のマイナーアップデートを行った新型モデルが登場している。

標準モデルのストレージ容量が2倍に

Appleによれば、今回発表された新しい 「Mac mini」 は従来の仕様をほとんど変えておらず、標準モデルのストレージ容量を2倍に変更したマイナーアップデートモデルであるとのことだ。

Mac miniには4コアと6コアの2つの標準構成モデルが用意されており、それぞれ128GBと256GBのストレージが用意されていたが、今回の新型モデルではどちらも256GB・512GBに倍増している。

価格は4コアモデルが89,800円→82,800円と7,000円の値下げ。6コアとCTOオプションとして用意されている8コアモデルについては値段据え置きとなっている。

Appleによれば、Mac miniは “超小型の高性能デスクトップ、家族で楽しむ音楽や映画を保管しておくセンターハブ、Xcode用のコードコンパイルサーバーなど、どのような目的で使うにせよMac miniはお客様から高い評価を得ている” とのこと。新しくなった新型Mac miniは、Apple公式サイトから購入することが可能だ。

関連記事
Apple、新型 「MacBook Air(2020)」 正式発表 シザー構造のMagic Keyboardが搭載
Apple、「iPad Pro (2020)」 を発表。3D認識できるデュアルレンズカメラ内蔵。トラックパッド付きのMagic Keyboardも登場

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。