WWDC 2020、6月22日に開幕 史上初のオンライン開催

現地時間5月5日、Appleは年に一度の開発者会議 「WWDC 2020」 を2020年6月22日から開催することを発表した。WWDCは例年、米カリフォルニアで開催されていたが、今年は新型コロナウイルスの影響でオンラインのみでの開催となる。参加料は無料で、すべての開発者が視聴できる。

「WWDC 2020」 は6月22日に開幕

Appleによると今回のWWDCは6月22日から1週間にわたってオンライン開催される。基調講演や各セッションの詳細については、開催が近くなってからApple Developerアプリや公式サイト、メールなどで共有されるとのこと。WWDC 2020の公式サイトも公開されており、こちらからアクセス可能だ。

「WWDC 2020」 では、iOSやmacOSなど各OSの次期バージョンの発表が予想される。最も注目の集まる 「iOS 14」 では、アプリのリスト表示ページがホーム画面に用意されるほか、iMessageにおいてメンション機能やメッセージの撤回などの新機能が利用できるようになるとの情報が伝えられている。

また、次期OSの他に何らかの新製品が発表されるとも噂されているが、現時点では情報が少なく、何が発表されるのかは不明だ。

ちなみにAppleは今回のWWDCでSwift Student Challengeを開催することを発表した。このイベントは学生の開発者が、Swift Playgroundsを使って3分以内に体験できるインタラクティブなシーンを作成し、提出。そのうち選ばれた学生には、WWDC20ジャケットとピンバッジがプレゼントされるとのことだ。提出は5月17日23時59分(日本時間5月18日15時59分)まで受け付けられる。詳細はこちらから確認可能だ。

関連記事
MacBook Air 2020 レビュー | プロセッサの大幅進化でMacBook Proに近づいた理想のデバイス
iPad Pro 2020 レビュー | 伝えたい11インチモデルの魅力。初のマルチカメラで大胆構図の写真も

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。