Apple、紛失防止タグ 「AirTag」 正式発表。「探す」 アプリで位置情報の特定が可能

現地時間4月20日、Appleは新製品発表イベント 「Spring Loaded.」 を開催し、同社初となる紛失防止タグ 「AirTag」 を正式に発表した。

価格は1個3,800円、4個パックで12,800円 (どちらも税込) 。予約受付は4月23日午後9時から開始され、4月30日に発売予定だ。

Appleの紛失防止タグ 「AirTag」 が正式発表

今回発表された 「AirTag」 は一般的に “紛失防止タグ” と呼ばれる類の製品。Bluetooth経由でiPhoneとペアリングし、財布や鍵などの大事なものに取り付けておくことで、万が一紛失したときにも場所を特定できる便利アイテムだ。

具体的には、同タグを装着した持ち物からユーザーが離れた際に通知が行われたり、「探す」 アプリを使ってマップ上で位置を確認することができる。音を鳴らすことで持ち物を見つける機能も利用可能だ。

AirTagには位置を高精度に特定できる超広帯域無線(UWB)チップが搭載されていて、iPhone 11/iPhone 12シリーズでは 「正確な場所を見つける」 機能が利用可能。AirTagまでの距離と進む方向が表示され、ユーザーはかなり正確な位置情報を取得できるようになっている。

刻印も可能

防水・防塵性能はIP67程度。バッテリー寿命は1年だが、ユーザー自身の手で交換することも可能。内蔵電池はCR2032コイン型バッテリーが使用されているため、コンビニや100円ショップなどで調達することが可能だ。

「AirTag」 はApple公式サイトより注文が可能になる。価格は1個3,800円、4個パックで12,800円 (どちらも税込) 。予約受付は4月23日午後9時から開始され、4月30日に発売予定だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。