「Apple Watch Series 7」 が正式発表。新機能、スペックなどまとめ。発売は2021年秋後半

現地時間9月14日、Appleは新製品発表イベント 「California streaming.」 を開催。同イベントの中で、「Apple Watch Series 7」 を発表した。

Apple Watch Series 7が正式発表

今回発表された 「Apple Watch Series 7」 は、先代の 「Apple Watc Series 6」 からデザインを改良。画面周囲のベゼル幅を削減したことで画面サイズが20%大型化。Series 3から比べると50%大型化している。画面の大型化のおかげでついにフルサイズキーボードも利用できるように。

画面強度も強化されているほか、屋内における画面輝度も改善されているという。耐久性能はIP6X程度。また、本製品にあわせた新しいウォッチフェイス (文字盤) も実装される。

USB-Cを採用した充電ケーブルを同梱。充電速度は従来比較33%高速となり、0→80%まで45分で充電できるとのこと。

ケースはアルミニウム、ステンレス、チタンの3種類を用意。HermèsモデルとNikeモデルも用意する。カラーはアルミニウム5色、ステンレス3色、チタン2色となる。

価格は399ドルからで、発売は2021年秋後半を予定している。また、「Apple Watch Series 7」 のほか、既存の 「Apple Watch SE」 「Apple Watch Series 3」 も併売する。 「Apple Watch SE」 は279ドルから、「Apple Watch Series 3」 は199ドルで販売する。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。