Apple、「WWDC 2021」 6月7日〜6月11日にオンライン開催決定

3月30日、Appleは年に一度の開発者会議 「WWDC 2021」 を2021年6月7日〜6月11日に開催することを発表した。今年も昨年と同様、新型コロナウイルスの影響を考慮してオンラインのみでの開催となる。

「WWDC 2021」 は6月7日〜6月11日にオンラインで開催

Appleによると、今回のWWDCはオンラインでの開催にはなるものの、昨年と同様に基調講演を含め、State of the Unionでの発表、オンラインセッション、1対1ラボでの技術ガイダンスが予定されているとのことだ。WWDC 2021の公式サイトも公開されており、こちらからアクセス可能だ。

Apple曰く、「WWDC 2021」 では、iOS/iPadOS/macOS/watchOS/tvOSの今後について他に類を見ない展望を共有するという。また、新製品に関する発表も予想されるが、現時点でWWDCで新製品が発表されるかどうかについては情報が少ない。今後の情報に期待だ。

ちなみにAppleは昨年と同じく、Swift Student Challengeを開催することを発表した。このイベントは若い開発者がSwift Playground作品を通じてコーディングスキルを披露できるというもの。作品の応募は、4月18日までとなっていて、優秀作品として選ばれた学生には、WWDC21ジャケットとピンバッジがプレゼントされるとのことだ。

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac
 ・24インチiMac
 ・21.5インチiMac
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。