Apple、iPhone 12/13の個人修理をサポート。まもなくM1チップ搭載Macも修理可能に

11月17日、米AppleはApple製品のセルフ修理サービスを提供すると発表した。これまでは正規修理サービスや認定技術者のいる修理業者に限られていた修理サービスだが、同サービスを利用することによって、iPhoneのバッテリー交換や画面の交換など各ユーザーの手によって修理することが可能になる。

まずはiPhone 12シリーズとiPhone 13シリーズに提供される。また、まもなくM1チップを搭載したMacでも利用することが可能になるという。

Appleがセルフ修理サービスを発表。個人でも純正部品・ツールにアクセス可能に

セルフサービス修理はまずは米国で提供開始となり、2022年には他の国でも利用できるようになるとのことだ。

プログラムの初期段階では、iPhoneのディスプレイやバッテリー、カメラモジュールなど純正モジュールがAppleから提供されるようになり、追加の修理用モジュールが2022年後半に提供されるとのこと。各モジュールの価格などについては、今後発表されるものとみられる。

セルフサービス修理は、電子機器を修理できる知識や経験を持つユーザーを対象としたサービスになっており、これらの知識や経験がないユーザーに関しては今まで同様に正規修理サービスや認定技術者のいる修理業者を利用することが推奨されている。

関連リンク:Apple Newsroom

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。