Apple、2020年第2四半期にARヘッドセットを発表か 年内に製造を開始

Apple製品に関する予測を悉く的中させてきたTF International Securitiesの著名アナリストMing-Chi Kuo氏は、AppleがARヘッドセットを2020年に投入することを伝えた。

投入時期は2020年第2四半期(4〜6月)で、製造は2019年内に開始される予定だという。Kuo氏は投資家向けレポートの中で同情報に触れている。

AppleのARヘッドセットは2020年に登場予定

Appleが開発しているARヘッドセットがどのような製品になるのかは現時点ではわかっていない。これまでの噂ではGoogle GlassのようなARメガネになるという予想もあったが、最近ではOculus RiftのようなVRゴーグル型になる可能性が指摘されている。

ただしKuo氏は、AppleのARヘッドセットの開発計画について触れており、同社は無名のサードパーティ企業と連携する形でARヘルメットを作っていることを伝えている。ヘルメットという言葉から頭部を覆うような形状を想像してしまうが、それが事実かどうかは当サイトでは確認が取れていない。

ちなみに、iOSのベータ版 (開発者向け) からはAppleが独自にARヘッドセットを開発している痕跡が見つかっており、「Find My (探す)」 アプリからはARヘッドセットのアイコンが発見されている。

AppleのARヘッドセットは、Apple Watchのように、iPhone向けアクセサリとして開発されていることが予想される。iPhoneがARヘッドセットの処理を代わりに行い、その映像をARヘッドセットに投影する形なのかもしれない。

関連記事
AppleのARメガネはやっぱりあった。iOS 13ベータ版から存在が確認される コードネーム名はStarboardやGarta
iOS 13の 「Find My (探す) 」 アプリからAppleのAR・VRヘッドセットのアイコンが発見される

[ via AppleInsider ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。