「Apple Arcade」 がベータ版向けに提供開始 正式リリースは 「iOS 13」 配信後

現地時間9月16日、Appleは定額制ゲーム配信サービス 「Apple Arcade」 を、iOS 13のデベロッパーベータ・パブリックベータ版利用者向けに提供開始した。「iOS 13 beta」 あるいは 「iOS 13.1 beta」 などの最新ベータ版OSを利用しているユーザーは、App Storeアプリから利用開始することが可能だ。

「Apple Arcade」 が早くもベータ版利用者向けに提供開始

「Apple Arcade」 は、Appleが今秋から提供開始予定の定額制ゲーム配信サービス。App Storeにあるゲームが600円/月で遊び放題になり、家族6人(最大)で同じプランをシェアリングすることも可能だ。

配信されたゲームはiPhone、iPad、Mac、Apple TVからプレイすることが可能で、iPhoneで遊んでいたタイトルの続きをMacでも遊べるようになるなど、デバイスをまたいでゲームの進行状況を引き継げる 「クロスプラットフォーム」 にも対応している。

また、PlayStationコントローラーやXbox Oneのコントローラーもサポートされているため、本格的なゲームを遊ぶことも可能だ。

「Apple Arcade」 にはトライアルとして1ヶ月無料の無料期間が設けられている。申し込みはApp Storeの 「アーケード」 タブからできる。

ちなみに、正式サービス開始は 「iOS 13」  のリリースと同じく9月19日(日本ではおそらく9月20日) 。ベータ登録をしていないユーザーはあと数日待つ必要があるとみられる。サービス開始当初は100以上の有料ゲームが遊べるようになる予定だ。

関連記事
定額制ゲームサービス 「Apple Arcade」 は月額600円、9月19日にサービス開始
Apple Arcade、月額料金は4.99ドル 無料トライアルは1ヶ月間、家族シェアプランも用意

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。