AppleのARメガネ、2022年までに発売か 台湾DigiTimesが伝える

以前の情報から、Appleが独自のARメガネを密かに開発中であることが明らかになっているが、Appleは同デバイスを2022年までに発売する計画を立てているようだ。台湾業界紙DigiTimesが現地時間24日に報じた。

AppleのARメガネは2022年までに発売か

台湾メディアは光学部品を製造する台湾サプライヤーから得た独自情報として、Appleが独自開発の 「ARメガネ」 を2022年までに発売する計画であることを伝えた。

このARメガネの具体的な特徴や機能などについてはまだほとんどわかっていない状態だが、過去の情報ではFacebook傘下のOculusが販売する 「Oculus Quest」 にも似ているものの、デバイスを長時間装着しても疲れないように、本体の軽量化と使用する生地にはこだわって作られるようだ。Appleは2021年に開発者向けに同デバイスと仕組みを発表し、2022年に実際の製品を発売する見通しだ。

また、今回のDigiTimesの情報とは一部異なる部分もあるが、The InformationによればAppleは2022年にAR/VRの両方を利用できるヘッドセット、そして2023年までにARに特化したヘッドセットを発売する計画もあるようだ。

これらのARメガネに関しては様々な情報が錯綜しているためまだまだ噂の域を出ない状態だが、昨年から今年にかけて情報量が多くなってきていることから、徐々に発売が近づいていることがわかる。ただし、当初は2020年に発売とされていたのが今や2022年発売と後退してきていることから、開発が難航しているのかあるいはこれまでの情報が間違っていたのか、いずれにしても直近で発売する事だけはなさそうだ。

関連記事
AppleのARヘッドセットは2022年に発売予定。2023年にはARグラスが登場か
iPhone 12が対応する超近距離無線LAN規格 「IEEE 802.11ay」、Apple Glassとの連携に利用?

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。